大会で緊張するなら、実況しよう!

image

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

おはようございます、我流卓球理論のSHUNです。

「大会で緊張してしまう」

「練習では強いのに、大会では力を発揮できない」

これってめちゃくちゃ悔しいし、つらいですよね・・・

朝早くに大会会場に来ても、午前中で終わっちゃったよみたいな!(結構そういう経験ありますw

卓球は他のスポーツにも増してメンタル的な要素が強いのが特徴で、すぐに自分のプレーにあらわれます。

そんな悩みが多かったので、実際に効果があったものを紹介しますね!^^

自分の試合を楽しく実況しちゃおう♪

これね、何年か前にYahoo知恵袋の解答にあったんですよw

で、この自分の試合を楽しく実況するってのは、マジかと思うほど効果がありましてw

試合が始まった瞬間に

アナ「さぁ、始まりました注目のカード○○(自分の名前)vs○○」

みたいなかんじで実況を始めると、なんだかテンションが上がってくるんですねww

まるで、自分がトップ選手になったような感覚と、ヒーロー心をくすぐるような感じです。

で、ドライブを決めた時に「ヨォー!」と叫ぶのと同時に心の中で

アナ「決まったぁー!!これぞエース○○の渾身の一球です!!まさに地を這うようなドライブ!!すごいですねぇ△△(解説)さん!」

解説「そうですねー、また一段と球威が増した気がしますねぇ」

と自分を過大評価するような実況をします。

そしたらどうでしょう、いつもより格段に緊張がほぐれているではありませんか!

そして何より、卓球を楽しむという本質的に理にかなった状態になるんですね。

これってすごく重要なことだと、かなり真面目に思っています。また、セットを取られてしまったり、押されている時でも

アナ「やはり一筋縄ではいかない相手ですね~△△さん。」

解説「そうですねぇ、ただ格上を相手にいいプレーも出ていますから、次のセットに期待ですね」

と、心の中で実況することで、

必要以上にメンタル的負担を負うことなく済んだりもします。

国民的ヒーローになったと思って、是非楽しみながら取り組んでみて欲しいですね!

ついでに、技術的な面も

力を発揮できないのは、

自分の持ち味をだしきれていない=自分がどういうプレーをすればいいのか分からない

からかもしれません。

試合を通じて、どういう風に点数を取っていくかが決まってないというパターンです。

「自分はこういうプレーで点数を取るんだ」

と、予め決めておけば、迷うことなくプレーすることができるのです。

例えば僕を例にするのであれば、

「まずは短いサーブを出して、それを回転かけてループドライブするんだ」

「それと同時にロングサーブで球を絞らせないようにして3球目で攻めるんだ」

と決めておくことで、迷いが無くなります。

大会で、成り行きで試合したり、その場の雰囲気に任せて試合をすると、自分のやるべき事が分からなくなって、緊張した時に力を発揮できない状態に陥ってしまうんですね。

まとめ

試合で緊張する人は、緊張を楽しむ工夫をしましょう。そのために、自分の試合を実況してみよう。

技術的に、どうやって点数を取るのかをあらかじめ決めておこう。

参考になりましたでしょうか。

緊張する人はとても多い印象なので、是非試してもらいたいなと思っています^^

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。