卓球でこれだけは抑えておくべきフォアハンドドライブの3つの基本

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加


こんにちは、我流卓球理論のSHUNです。

今日のテーマは、フォアハンドドライブです。ドライブ攻撃は、前進回転をかける攻撃技術です。

卓球において最も使う機会の多い攻撃技術となりますので、是非、あなたもドライブ攻撃を習得しましょう。

このドライブ攻撃ができるだけで、相手に大きなプレッシャーを与えることができるのですから。

今日は、これだけは覚えておくべきというドライブ攻撃の3つの基本をお伝えしたいと思います。

※この記事では、相手のツッツキに対してドライブすることを想定しています。

それでは、解説編にまいりましょう。

ドライブの基本①:ラケットをかぶせ、前進回転をかける

160

まずは、ドライブの基本の1つ目だ。

打球する時は、ボールの上を打球して、前進回転をかけよう。

特に、前進回転をかけるということは、初心者がドライブを覚えるために意識するべき重要なポイントである。そもそも前進回転がかけられないと、それはドライブではない。

そして実をいうとドライブは、回転をかければかけるほど安定感が増していく。弾道が弧線を描くようになるからだ。

初心者のうちから回転をかけることができるように練習すれば、あなたが中級者クラス以上のレベルになった時の恩恵も大きい。

ボールを打球する位置については、実は個人差がある。だが、最初にドライブの練習をする時は、ボールの上方を捉えるイメージで打つとよい。※上図参照

横から見ると、ちょうど時計の2時に当たる部分だ。

ドライブの基本②:打球点はバウンド後の頂点を狙う

ドライブの基本の2つ目はこれだ。

バウンド後の頂点を打球点にしよう。こうすることで、安定して相手のコートに入れることができる。

もちろん、カット打ち(相手のカットを打つこと)やループドライブの時などには遅らせたりする必要があるが、最も基本的なツッツキに対してのドライブの考え方としては、バウンド後の頂点を狙うのがセオリーだ

ドライブは多くの場面で使うことになる。ドライブを覚える初期の段階では、相手のツッツキをバウンド後の頂点で捉えられるようにしよう。

そうすることで、あなたのドライブは安定感を増すことだろう。

ドライブの基本③:低い姿勢を保ち、体全体で打つ

最近は用具の進化が著しく、体重移動をしなくてもある程度威力のあるボールがだせる。だが、やはり体重移動をして体全体で打った方がいいボールが出やすくなるのは間違いない。

手打ち(手だけで打つ)になってしまうと威力を出しづらくなってしまうのだ。あなたも以下のことを試しに実践していただきたい。

「膝を曲げずに棒立ちになって、手だけで威力のあるボールを打つ」

これは至難の技である。手だけで打つと、ボールに全く体重がのらない。

体全体を使うためには具体的にどうすればいいのか?答えはたった1つ、簡単だ。

「膝をしっかりと曲げて低い姿勢を保つ」

ということだ。低い姿勢を保つのは、卓球のプレー全体を通して重要だ。こうすることで体重移動がしやすくなり、つまり体全体で打つ姿勢になると言うことになる。

この時に、利き手の逆の足を踏み込むことも忘れてはいけない。強い選手がドライブを打つ時に、どのように打っているかをしっかりと見てみよう。

どんな選手も足を踏み込んでいるはずだ。

まとめ

まずは、この3つの基本をしっかりと意識しながら練習すれば、あなたも間違いなくドライブを習得できるはずです。この基本をしっかりと意識し、後は精度を上げていくために繰り返し行うだけです。

ドライブの基本①:ラケットをかぶせ、球の上の方を打球する

ドライブの基本②:打球点はバウンド後の頂点を狙おう

ドライブの基本③:低い姿勢を保ち、体全体で打とう

フォームやスイング方法など難しいことは考えずに、この3つをまずは意識していきましょう!

>>次は、ドライブの安定感が一気に増す方法について

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。