受験勉強中の練習できない期間で卓球を上達させる方法

こんにちは、我流卓球理論のSHUNです。

受験勉強などで忙しくて練習できない、と悩んでいる人はいませんか?

卓球やりたくて、ウズウズしてきますよね?笑

でも、そんな時は逆にチャンスです。

やりたい気持ちをめちゃくちゃ溜め込んでおきましょう。

そして、練習を再開した時に最高のモチベーションでできれば、確実に練習できない時期が役に立つと思います。

もちろん、練習をするのが一番いい方法で、忙しい時期でも週2回くらいできれば最高ですが、それは難しいという人もいると思います。

ですので今日は、練習できない時に卓球を上達させる方法を3つほどご紹介します。

これを読んでるあなたも以下のことを実践し、卓球やりたい気持ちを溜め込んで、一気に爆発させましょう!

それでは解説へ。

1.イメージトレーニング

さて、練習できない時期にできることといえば、イメージトレーニングが挙げられるだろう。

単純に、自分が素晴らしいプレーをしているところをイメージするのだ。

しかしながら、イメージするためにはイメージの材料が必要になる。

まずは、トップ選手の動画を見て、動きをよく観察することだ。

いわゆる、「モノマネ」である。

観察すると言っても、全てを真似しろというわけではない。

この選手はサーブを出すときの足の位置はこのくらいに置いてるんだな、とか、チキータするときの足の運び方だとか、レシーブ時の目線はどのくらい落としているのかとか、手首はどのくらい曲げてるのかとか、腕はどのくらい伸ばしているのか、フリーハンドの位置は?など細かいところでもなんだっていいのだ。

イメージトレーニングは、漠然と自分のプレーを想像するよりも、トップ選手や自分よりも上手な選手のプレーをよく観察することでより良いイメージを作り上げることができる。

当然、上手な選手をよく観察するため、正しい技術が身につきやすくなるし、新しい発見もあるだろう。

このように、誰かを見て学ぶことが正しいイメージトレーニングにつながる。

前に、ラリーズのサイトに書いた記事があるので、そちらも参考にして頂きたい。

https://rallys.online/forplayers/garyu1/

2.フィジカルトレーニング

次に、フィジカルトレーニングだ。

卓球においては、体幹とフットワークが非常に重要となるため、この2つを鍛えられるようなトレーニングをすると良い。

体幹トレーニングは、よくある簡単なもので問題ない。

フットワークの練習をする時は、実際にラケットを持って素振りをし、打球感覚を想像しながら行うとなおいいだろう。

フォアミドルのフットワークやファルケンべリなど、実際のラリー練習や切り替えの練習を素振りでやっていこう。

練習ができない中で、体をしっかりと動かしておけば、復帰した時もスムーズに競技に入りやすいはずだ。

  • フォアミドルのフットワーク
  • フォアバックの切り返し
  • ファルケンベリフットワーク
  • 左右の大きなフットワーク(フォアハンド)

これをそれぞれ50本×2セット(素振り1回で1本と数える)やるだけでも、体の動きをよくすることができるだろう。

3.卓球の知見を広げる

これが一番筆者が重要だと思うお勧めの方法だ。

練習ができないのなら、卓球の知見を広げるような行動をとると良い。

というよりも、練習できている時でもこういったインプットを行うと、周囲よりも上達は速くなる。

主に、以下の2つが卓球の勉強に役立つはずだ。

卓球DVDで勉強する

筆者が一番いいと思うのが、卓球のDVDで勉強することだ。

卓球DVDの良いところは、実際のトップ選手の動きを見ることができるという点と、そのトップ選手やトップ選手だった人のアドバイスを直接聞ける点だろう。

最近はYouTubeなどでも動画をみれるのだが、情報過多になりすぎていて必要のない情報に振り回されることもある。

その点、卓球DVDではシンプルな内容が多いため混乱を避けることができる。

DVDで勉強する際に気をつけたいことは、説明されている内容だけではなく、自分自身が気づいた点などもメモしておくと非常に効果的だろう。

イメージトレーニングの解説でもお伝えした通り、選手の動きなども要チェックだ。

説明にはないところに、実は本当に大切なことが隠れていたりするものだ。

そういった発見や気づきを見つけようとする熱心な心があれば、とても役立つはずだ。

書籍で勉強する

卓球に関連する書籍はたくさんある。

そして、それらを分類すると大きく以下の2つに分けられる。

1.技術関連書籍

2.考え方関連書籍

どちらもいいが、この2つのうち特にオススメなのは、2の考え方関連書籍だ。

なぜなら、技術関連書籍はたくさん溢れているが技術を学ぶのなら間違いなく動画の方が良い場合が多いからだ。

反対に、卓球に対する考え方や知識、戦術などは文章でも伝わりやすいだろう。

もちろん、技術関連書籍が全く役に立たないわけではなく、なるほどな、と思えることもたくさんあるのは間違いない。

実際の指導の際に役立ったこともある。

しかしながら、言葉だけで説明されて動きを見ることができないため、詳細な部分が見えづらいのもまた事実。

ちなみに、技術と考え方の2つを複合させたような書籍もあるため、そちらもオススメだ。

まとめ

いかがでしたか?

本日は、受験勉強で練習ができない時に卓球を上達させる方法について紹介させていただきました。

その他には、玉突きなどの感覚練習も取り入れてもいいと思います。

復帰した時のために、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。