安定して卓球の試合に勝ちたい人が身につけるべき、2つの技術とは?

img_0970.jpg

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

こんにちは、我流卓球理論のSHUNです。

みなさんは、格下だと思った相手に負けてしまったという経験はありませんか?

自分の調子が良い、悪いによって試合結果が大きく違ってしまう選手がいますよね。

そんな「試合で安定感がない・・・」という悩みを解消して、安定して勝つ選手になる方法があります。

今回は、試合で安定して勝つために必要な2つの技術をお伝えします。

安定して勝つために身に着けるべき2つの技術とは?

それでは早速解説していこう。

試合で安定感がない、勝つ時と負ける時の差が激しいという選手に是非身につけてほしい技術がある。

それが、ツッツキブロックだ。

世の中の初中級者の多くは、ドライブなどの攻撃の練習に多くの時間をつかう。

しかし、ツッツキとブロックを極めることによって、大きなリターンを得ることができる。

ツッツキとブロックを練習しておけば安定して勝つことができる。

ツッツキとブロックといえば、非常に守備的な技術だという認識があるだろう。

しかし、これは大きな間違いである。

なぜなら、ツッツキを攻撃的に打つこともできるし、ブロックにも攻撃的なブロックが存在するからだ。

多くの人は、ブロックをするというと「攻められている」という感覚になると思うが、逆に言えば相手に打たせて自分がブロックするという展開もあり得るのだ。

このように積極的にツッツキやブロックを駆使していけば、それは積極的な守備であり攻めているということになる。

前置きがながくなってしまったが、ツッツキとブロックを使うと安定して試合に勝てるようになる理由を以下でお伝えさせていただこう。

試合で安定感がないと悩んでいる人は、この2つの技術を磨くといいでしょう。

安定して勝てる理由1:守備的な技術は調子の影響を受けにくい

さて、ツッツキやブロックといった守備的な技術は、安定させやすい(入れやすい)というメリットがある。

下回転系のボールに対してはすべてツッツキで返せるし、上回転系のボールはすべて角度を合わせるだけのブロックで返せる。

しかし、一方で攻撃技術となるとそうはいかない。

攻撃技術、たとえばドライブはどうしても自分がミスをするというリスクを伴うし、調子の良し悪しを受けやすい。

あなたも、「今日はドライブが全く入らなくて負けてしまった」ということはないだろうか?

もちろん、攻撃技術を安定させる練習は絶対的に必要だ。

ループドライブなどを駆使すれば調子が悪くてもドライブを安定させることもできる。

だからといって、ミスのリスクが完全になくなるわけではない。

安定して勝つためには、ツッツキとブロック技術に優れていることが望ましい。

リスクをおかさなくてもよい相手に対して安全に勝ちに行ける。

調子の良し悪しを受けにくいツッツキとブロックを極めておくことは、あなたにとって大きなアドバンテージとなるはずだ。

安定して勝てる理由2:戦術の幅が広がる

ツッツキとブロックを鍛えれば、安定して勝つことができるわけだが、

その理由の1つとして戦術の幅が広がるという点があげられる。

卓球では、すべてのボールを攻撃できるわけではない。試合の半分は守備を使うといっても過言ではないのだ。

守備をしなければならない時に、相手に守備をさせられているのか、積極的に守備を行っているのかでは大きな違いがある。

自分の守備技術が優れていれば、自信をもって相手に打たせてとるということも可能である。

一方、自分の守備技術に自信がなければ、攻撃されるときは常に「相手に打たれている」という感覚になってしまう。

こうなるとドツボにはまり、「相手に打たれたくないから先に打つ」といった逃げの攻めになり、自滅してしまうのだ。

中級レベルでは、この守備技術の有無が勝敗を分けることは少なくない。

安定して勝てる理由3:攻撃する余裕が生まれ、調子を上げていける

安定して勝つてる理由の3つ目は、攻撃する余裕が生まれることである。

ツッツキとブロックを極めて、相手がリスクをおかす必要のない相手だったとしたらその試合は完全に勝てるだろう。

攻めなくても勝てる相手はどうやっても勝てる相手である。

そういう相手とやって、「最悪は守備だけで勝てる」という状態になれば、ミスを恐れずに攻撃していけるだろう。

逆に、守備技術に自信がなければ、攻撃しなければ勝てないという錯覚に陥り、調子がでないとミスを連発して負けてしまう。

守備技術を鍛えることで、メンタル的に安心感を得ることができるのは間違いないだろう。

攻撃技術がメンタルの影響を非常に大きくうけてしまうから、

こういった守備的技術を鍛えて緊張した時でも常にアベレージの実力を高い状態を保つことができれば理想的だ。

まとめ

いかがでしたか?

今日は試合で安定して勝ちたい人のために、安定して勝つために必要な2つの技術についてご紹介しました。

この2つの技術を身につけて極めることが出来れば、試合で安定しないという悩みを解決することが出来るでしょう。

守備の実力を高めるために、守備のうまい人にアドバイスを求めるのもありですね。

今後は、ブロックの練習法やツッツキの練習法も記事として残していきたいと思います。

今日はおわり。

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。