初心者と中級者が、フォア打ちをする際に気をつけたいたった一つのこと

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

こんにちは、我流卓球理論のSHUNです。

あなたは1日の卓球の練習を始める時に、どのメニューから始めますか?

おそらく、多くの人はフォア打ちから始めるではないでしょうか?

何気なく、このフォア打ちをテキトーにやってから、練習に入りますよね。

ですが、この最初のフォア打ちをしっかりと意識してできるかどうかが、結構重要なことだと気づきました。

たかがフォア打ち。されどフォア打ち。

今日は、初心者が気をつけるべきフォア打ちのポイントと、中級者がフォア打ちで忘れがちな点をお伝えします。

フォア打ちは、小さく動きながら打つべし

フォア打ちでは、一球一球、小さく動きながらボールを打球するべきである。

なぜなら、卓球では常に自分のベストポジションで打てるようになることが理想であるからだ。

たかがフォア打ちではあるが、動きながら打つことを意識できるかは非常に重要な点だ。

特に、初心者の選手にとっては強く意識する事が重要である。

常に動きながら打つことには以下のようなメリットがある。

ぜひ、参考にして頂きたい。

ベストポジションで打つ重要性を知り、クセがつく

まず一つ目のメリットだ。

フォア打ちを常に動きながら打つことによって、ベストポジションで打とうとする意識が芽生える。

初心者の選手は、スイングの方向や、ラケットの角度、打球の強さなど、どうしても小手先に意識が向いてしまいがちだ。

それらは決して間違いではないし、むしろ一つずつチェックしていく必要があるポイントである。

しかし、大切なことはそれだけではない。

ベストポジションで打てるかどうかが、実は一番重要なのだ。

なぜなら、スイングの方向、ラケットの角度、打球の強さなどは、自分がベストポジションで打てたかどうかによって変わってくるのだ。

簡単に言えば、初心者のスイングの方向などがおかしくなってしまうのは、自分のポジションで打てていないから、という可能性があるということだ。

自分のポジションで打ててないから、ラケット角度が出せない

自分のポジションで打ててないから、打球の強さの調節ができない

このようなことが頻繁に起こるのである。

原因が、自分のポジションで打てていないことにあるのにも関わらず、ラケット角度や打球の強さの調節だけに意識が向いてしまうのは、あまり良いことではない。

しかしながら、常に自分のベストポジションで打つ訓練を日ごろから意識的に行っていれば、ミスしたときに考えるべき点が初心者でも分かってくるのだ。

「今のはベストポジションで打てなかったからだ。どういったことを工夫すれば良いかな?」

と自然に考えられるようになる。見当違いなことを考えずに済むのだ。

そして、体も自然とベストポジションで打とうとする、良いクセができてくるはずだ。

常に動くことは、中級者にとっても非常に重要な課題である

さて、実はフォア打ちで常にベストポジションで打つ意識と言うのは、中級者にとっても非常に重要なことである。

中級者は、案外このことを忘れがちになっている。

あなたは、手で届く範囲のボールを手だけで取りにいくという悪い癖ができてはいないだろうか?

練習でこのような意識でやってしまうと、本番でもどんどん悪い癖がついていく。

たかがフォア打ちではあるが、このような小さな練習から改善していかないと、すぐに意識から抜けてしまう。

練習の開始時にフォア打ちで始める選手が多いが、今一度基本に立ち返って練習してみるのもありだろう。

多くの中学生を全国に送り出した、田村明人氏も「フォアクロスの打ち合いを厳しくやる学校はつよい」という信念のもと指導をしたそうだ。

手を伸ばせば届くような範囲のボールも、しっかりと動いて捉えるように指導しているとのこと。

やはり、下半身を常に動かしてボールを捉えやすい位置で打つと、常に安定したボールを打てるのだ。

まとめ

いかがでしたか?

実際、フォア打ちを意識しながらやる選手と言うのは少ないのではないでしょうか。

今日の大事なポイントはたった一つ。

たとえ手の届く範囲のボールであっても、常に動きながら打つ意識を持つべし

ということ。シンプル。

他の人が意識していないところでプラスアルファ頑張れば、差をつけることがきっとできるはずですね。

こういう小さいことの積み重ねが、必ず自分の卓球に良い形として帰ってくるはずです。

おわり。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。