あっという間に得点力向上!卓球のバックハンドを有効活用する2つの戦術

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

こんにちは!我流卓球理論のSHUNです!

あなたは得点パターンをたくさん持っているでしょうか?出来ることが一つ増えると、戦い方は何通りも増えるんです^ ^

最近の卓球では、以前と比べバックハンドで点数を取るというシーンをよく見るようになりましたね。

フォアが得意な僕自身も、実際の試合ではバックハンドを使って点数を取ることがとても多いです。

実は、バックハンドの活用の仕方次第で得点力に大きな違いが生まれるんですよ!それだけ、実践でのバックハンドは便利過ぎる技術なんですよね!

今日は、あなたの得点力をあっという間に強化させる、バックハンドの超便利な使い方をお伝えします。

それでは、解説モードに切り替えます。

バックハンドは、試合を有利に運ぶための便利な技

近頃の卓球は、戦術的にバックハンドの重要性が増している。

チキータの出現によりバック対バックのラリー展開も多くなり、さらにはバックハンドドライブを小さな子供でも当たり前の様にできる時代になってしまった。

とはいっても、全ての選手がバックハンドを有効的に活用できているかと言われれば、筆者はそうは思わない。

なぜなら、多くの選手は無意識的に「バックドライブやバックハンドは繋ぎの技術」という理解をしているからだ。

これはある意味では正しいのだが、逆に「バックハンドでも積極的に点数を取りに行く」という意識を持てば、あなたの卓球の質はぐっと上がることになる。

フォアだけが強い選手はわりと多いが、フォアの得点力だけを頼りにしていると「フォアさえ封じればなんとかなる」選手になってしまう。

「フォアだけではなくバックも強い」と思わせることができれば、相手としてみれば非常に厄介だ。

武器になるバックハンドを手にすることは、他の選手と差をつけるためにはうってつけだろう。

ということで今回は筆者の、「得点力が高いバックドライブの戦術」と「バック対バックの戦術」の2つをご紹介しよう。

バックドライブで点数を奪う

筆者は上記で「バックハンドは繋ぎの意識ではいけない」と述べさせて頂いた。

誤解しないで欲しいのは、全て強烈なバックドライブを打てということではない。

たとえ、ゆったりとしたバックドライブでもあなたの武器にすることは可能だ。それも、たった一つの手順である。

あなたが意識する点はバックドライブを打つコースだけだ。

バックドライブで得点するために打つべきコースとは?

早速、バックドライブを打つべきコースをお伝えしよう。

あなたがバックドライブを打つべきコースはストレートである。

多くの選手は、バックドライブを打たれる時にクロスで待ちがちだ。あなたもその一人ではないだろうか。

フォアドライブを打たれる時もクロスで待つ選手は多いが、バックドライブの際はそれがさらに顕著に現れる。

つまりストレートのバックドライブを受ける機会が少ないのだ。だから、ストレートへのバックドライブが面白いほど効く。

一度、あなたの3球目バックドライブをストレートに打ってみて欲しい。

面白いほど相手に効くから、あなたもきっと驚くことだろう。そこそこのスピードがあれば、一発で抜けてしまうことも少なくない

読まれていないという前提は必要だが、この方法ならゆっくりとしたバックハンドでも大きく崩すことが可能である。

特に試合では初見の相手と当たることが多い訳であるから、本番でしっかりと点数を奪いたい時に効果的だ。

筆者はこのストレートバックドライブで自分より格上の選手に対して、2セット目まで5点以下に抑え、そのままの流れで勝利したこともあるほどだ。

相手のレシーブが厳しい時にも、ストレートバックドライブは使える

大会の上位クラスになってくると、相手のレシーブも厳しくなってくる。たとえ通常のツッツキだとしても、コースや切れ方の質が変わってくるのだ。

当然3球目攻撃を待ちづらくなる訳だ。

こういう場合、筆者はフォアにレシーブが来る確率を99%に設定しヤマをはる。

「相手は絶対にフォアにレシーブをしてくる」という意識で構えてなおかつ「もしヤマを外されたら、ゆったりとしたバックドライブをストレートに打って相手を崩そう」と決めているのだ。

そうすることで、どんなに厳しいレシーブがフォアに来ても得意なフォアドライブをほぼ100%の力で振れるし、バックに来た時の対処法も頭にストックされているから迷わない。

バックハンドドライブをストレートに打てば得点率が高いことを知っているから、戦術に迷いがなくなるのだ。

SHUN

相手は、フォア側にレシーブしてくるはずだ!フォアにレシーブしてきたら思い切りドライブしよう!

SHUN

万が一バックに来たら、バックドライブをストレートに打って得点を狙おう。

 

バック対バックで点数を奪う

次に、バック対バックについてだ。

バック対バックの強化は必須である。前述したように、チキータの出現によってバック対バックのラリー力は非常に重要なものとなったからだ。

始めに言っておこう。筆者は、バック対バックの展開になった場合、ほとんどの確率で点数を奪う自信がある。

なぜか?

それは、攻撃的になおかつミスなくボールを送り続けることが出来るからだ。

バック対バックは、決して繋ぎの戦術ではない。徐々に相手を崖の淵へと追い込む最強の戦術としてとらえるべきである。

以下の2つを意識することは、あなたがバック対バックの展開になった時に非常に役に立つ。

1.速いピッチで攻撃的なボールを送ることを意識する

攻撃的なボールを送ると言っても、荒ぶる様に強いボールでプレーするわけではない。

あなたには、女子卓球を想像して欲しい。バック対バックにおいては、女子卓球をイメージして速いピッチでボールを送る。

そうすることで、徐々に相手を追い込むことができる。

追い込まれた対戦相手は、「逃げる様にフォアへボールを送る」か、「徐々に台から下がっていく」もしくは「無理矢理回り込んで甘い攻撃をしてくる」のどれかしかしてこない。

そこをすかさず、攻撃して仕留めるのだ。

筆者の場合は、意味もなくこちらからコースを変えたりはしない。強い選手だと、バック対バックからフォアに送った瞬間、待ってましたとばかりに強烈なフォアドライブが返ってくるからだ。

相手をじりじりと追いやってから、フォアに逃げてきたところを仕留める。

これが筆者の戦い方である。

※もちろん、戦術的にフォアに送る方が有効な場合もある。柔軟にいこう。

SHUN

速いピッチで打つコツは、バウンドしてから頂点前で捉えることを意識すると良いでしょう!

2.前傾姿勢かつ体の正面で打球し、攻撃的なボールを安定させる

当然、相手を崖の淵へ追い込んでいる最中にこちらからミスってしまっては意味がない。

自分の「相手に向かっていくぞ」という気持ちを表すように前傾姿勢を取り、体の正面で打球しよう。こうすることで、早いピッチでも安定してボールを送り続けることができる。

ビビって体が立ってしまえば逆にオーバーミスが増えてしまう。バック対バックでは、「攻めていく」という意識を欠いたプレイヤーが負けるようにできているのだ。

※前傾姿勢を取ることを目的にしてはいけない。目的は攻撃的な球を安定させることだからだ。あなたにとって最適なのであれば、フォームをいちいちいじくるのは辞めたほうがいい。

SHUN

バック対バックが苦手な選手ほど、フォアに逃げてこようとするのでチャンスが増えます!

バック対バックの練習方法

バック対バックの練習方法

さて、バック対バックにおける一番良い練習方法をご紹介させて頂こう。

御覧の通り、筆者は画像編集が得意ではないので、改めて説明させて頂く。※ここは笑う所である

以下、バック対バックの練習法だ。

あなた

ショートサービスを相手のバック前へ

相手

チキータをバック側へ

あなた

バック対バックを速いピッチで相手と打ち合う

相手

適当なタイミングでフォアにボールを送る

あなた

フォアに来たボールをドライブし、それからはフリー練習

この練習は、バック対バックという固定技術の練習であるが、「いつフォアに来るか分からない」というランダム性が加わっている。

「この手順で練習すれば確実に強くなれる!卓球上達のための4つの手順」という記事でも紹介させて頂いたが、このような実践的な練習が本番で力を発揮させるのだ。

気をつけるべきポイントとしては以下の3つだ。

・相手のチキータをブロックではなくなるべく強いボールで返すこと(流行りのチキータ対策)

・相手がどのタイミングでフォアにボールを送るかを、常に観察すること(反応スピードの向上)

・相手がフォアにボールを送るまで絶対にミスをしないこと(ラリー戦におけるミスの軽減)

この3つを意識して上記の練習をすれば、あなたも本番でのバック対バックによる得点力がぐっと上がる。是非とも時間をかけてじっくり練習してほしい。

まとめ

いかがでしたか?

バックハンドを有効活用すると、試合での戦いがとても楽になるんですよね。

特に、バックハンドドライブをストレートに打つというのは誰でもすぐに実践できるので即効性がありますよね!

バック対バックも、最近の試合では非常に多いラリー展開なので、練習に積極的に組み込んでいく必要があるでしょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。