【卓球ラケット】長年愛用したティモボルALCを今更レビューしてみた

IMG_1174.JPG

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

どうも、我流卓球理論SHUNです。

最近良く思うんですけど(っていうか昔から思ってたんですけど)、やっぱり自分に合った用具を使うのはメチャクチャ大事だなぁということです。

良く、「用具は関係ない、腕だ!」とか言いますけど、扱う用具が自分にあってなかったらマジで練習無意味ですからね。ほんと気をつけた方がいいです。

で、我流卓球理論でもこの用具の重要性からレビュー記事を気が向いた時に更新していくことにしました。

第一回目はチョー今更感満載ですが。あの有名な高性能ラケットティモボルALCにします。

僕も長年、愛用していたのでオススメできるラケットですよ。

SHUN

※ちなみに貼るラバーについてはラケットの性能を正確に測るために毎回同じにしています。

ティモボルALCの基本性能

バタフライの性能表をみると、反発特性は水谷隼ZLCと同じくらいの弾み。振動特性が水谷隼ZLCよりもやや手に響くという値になっている。

性能標的には水谷隼ZLCよりもやや柔らかい打球感になるから扱いやすいといった印象で、実際に扱いやすい。

打球感

打球感は特殊素材の中ではソフトな部類。もちろん、木材合板ラケットのような柔らかさはない。

つかむ感覚も、ZLCラケットと比べるとあるが、木材合板と比べると少ない。

軽打時、強打時ともにあまり手に響かない印象。

打球音

打球音はややかん高い「カンッ」「キンッ」という音がする。

当然、木材の「ポコン」「コン」というこもった音はまったくせず、特殊素材の特長がでている。

弾み・スピード

T5000やZLCラケット程とまではいかないが、弾みが良く、スピードもよくでる。

軽打時でも、勝手に飛んでいく感覚がある分、木材合板から変えた場合は慣れが必要。

強打時のスピードも申し分ない程にある。

回転性能

回転もそこそこ掛けることができる。

それでも勝手に弾む感覚があるため、木材合板から変更する人は慣れが必要。ただ、問題なく慣れていくレベル。

T5000ラケットやZLCなどの弾むアウター特殊素材から変更した場合は、非常に回転が掛けやすく感じる。

コントロール性能

コントロール性能も悪くない。アウターの特殊素材の中では、非常にコントロールしやすい。

もちろん、木材合板ほどのコントロール性能はないが、7枚合板を扱える人であれば問題なく慣れていく。

ただ、詰まったボールなど難しいボールに対しては、あんまりごまかしは効かない。

ティモボルALCの技術別レビュー

ここからは技術別に打ってみた感想を書いていくコーナー。

攻撃

ドライブは、回転とスピードともにかなりいいボールがでる。軌道も、他のアウター特殊素材ラケットと比べれば弧を描く。

ループドライブを打ってもそこそこ回転のかかったボールがでて相手がオーバーミスをする。

ドライブのコントロールも木材合板ほどではないがかなりしやすい。

ただし、むずかしいボールに対してはやはりごまかしが効かないから、多少の技術力は必要。

疲れてきたりして手打ちになると木材合板よりもやはり安定しなくなる。

スマッシュは、木材合板より弾きが良い分、かなりやりやすい。個人的にはZLCなどのラケットよりもやりやすい。

食い込みと弾きのバランスがよく、下回転が切れていても角度打ちでカットマンのカットをブチ抜けたりもする。

ブロック

特にやりづらさは感じない。

慣れれば、ブロックでコースをつきながら振り回すと言ったことも可能。

水谷隼ZLCでは、このようなプレーはやりづらかったが、ティモボルALCなら意外とやりやすかった。

弾む分、木材のようなブロックの安定感はないが、突き刺さるようなブロックが返ることがある。

台上プレー

ストップは、打点を早くすればよく止まる。

打点を遅らせて短くストップしようとするとチャンスボールになりやすい印象。

ツッツキは、あんまりやりやすいとは言えない。切ろうとするとオーバーしやすいため、優しく突っついてしまう。チャンスボールになりやすい。ツッツキするようなボールは積極的に振っていくが吉。

フリックは弾きが良い分やりやすい。ただし、弾みを制御できるような力加減を実現させる緻密な技術力は必要。それじゃないとオーバーミスを連発する。

チキータは練習では問題なくしやすい。ただ試合になるとレシーブがシビアになる分、7枚合板等の方が自信を持っていける。

台上プレー自体はやはり合板と比べて全体的にシビア。

サーブ・レシーブ

サーブとレシーブも台上プレー同様に結構シビア。

サーブは切ろうとする前に飛んでいく感覚。

ゆえに、短いサーブを出そうとして中途半端になる選手や、ロングサーブを出そうとしてオーバーミスしてしまうというミスを連発する選手には、正直あまりお勧めできない。

レシーブにおいても、やりづらいというわけではないが、中途半端に突っついたりストップをごまかそうとすると一瞬で打たれるようなボールになってしまう。

その点、木材合板などは多少反応が遅れても何とか短く低いボールをコントロールしやすいため安心感がある。

まとめ:ティモボルALCはどういう人にお勧めのラケットか

1.技術力に自信があって、少し弾みやスピードを求める木材7枚合板ラケットの使用者

このラケットの特徴として、

攻撃の安定感がまぁまぁで威力がでる

でも、サーブレシーブが木材よりも難しいという点があります。

だから、このサーブレシーブの難しさを技術力でカバーできる人で、木材よりも弾みを求める人にお勧めです。

なぜ、7枚合板を使っている人にお勧めかと言うと、ドライブの安定感が7枚合板からの変更であれば慣れやすいからです。

5枚合板から一気にアウター特殊素材にするのはあんまりお勧めしません。

2.水谷隼ZLCや張継科T5000といった特殊素材が扱いづらかった人

これは、僕に当てはまるのですが他の硬い特殊素材だとプレーが安定しない・使いづらかった人にはお勧めです。

こういったラケットから変更した場合は、非常に扱いやすく感じるため、プレーの安定感が向上することが多いと思います。

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。