卓球の長所を伸ばしたい人必見!自分の長所を伸ばす3つの方法

img_0610.jpg

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

こんにちは、我流卓球理論のSHUNです。

あなたは自分の長所について考えたことはありますか?

よく、「短所を練習するのではなく、長所を伸ばそう」みたいなことを耳にしますが、大きな枠組みで考えたら僕は反対です。

SHUN
短所も練習しようぜ

なぜなら、卓球は長所だけを発揮できるほど甘いスポーツじゃない。

ですが、長所を伸ばそうとすること自体は大賛成。

正しくは、「短所を鍛えながら、長所を伸ばそう」っていうのが僕の考え方なんですよね。

で、今日は長所を伸ばすには3つの方法があるよっていう話です。

練習するときに意識するといいことです。

自分の卓球を見直したい人は、ぜひ最後まで読んでください。

SHUN
個人的には、3つ目の長所を伸ばす方法がおすすめです。

「長所を伸ばす」3つの方法

長所を伸ばす方法は1つではない。

その方法は3つに分けることができ、実際どれも重要な視点である。

だが、この3つの中から今の自分の現状に合ったものをチョイスしていくことが重要だ。

長所を伸ばすための3つの方法は以下の通りだ。

1.長所の技術力を鍛える

2.長所を活かす方法を考える

3.長所を伸ばすために短所を鍛える

以上の3つだ。

今日の記事ではこれらのポイントについて解説させていただく。

このポイントをしっかりと熟読していただいた上で、実際の練習に役立ててほしい。

それでは長所を伸ばす方法について解説していこう。

1.長所の「技術力」を鍛える

まず、長所を伸ばす方法として思い当たるのが、長所の技術力を鍛えるということだろう。

例えばフォアハンドドライブが長所だとして、

更にスピードや回転量、安定感をあげる

サイドを切るなど、更に厳しいコースに打てるようにする

などがこれに当たる。

自分の長所を磨くというのは、当然長所であるから磨きたいと感じるものだし、練習も楽しいだろう。

しかし、自分の長所の技術力は意外と伸びにくいというケースがある。

なぜなら、技術レベルは高くなればなるほど、レベルアップが頭打ちになりがちだからだ。

ドラゴンクエストでもそうだが、最初はどんどんレベルが上がるものだ。

ところが、レベルが上がるにつれてレベル上げが大変になる。

卓球の技術もそうで、レベルが上がるにつれて技術力の向上が目に見えづらくなり、多くの練習が必要になってくるのだ。

得意技術のレベルを上げようとするには、それだけの練習を積む覚悟も必要である。

練習量が必要だから、上達しづらいと感じたら他の2つの長所を伸ばす方法を検討しよう

2.長所を「活かす方法」を考える

これは技術というよりも戦術的な話だ。

試合の中で、どうすれば自分の長所を発揮できるのか?を考えるのだ。

たとえば、

順回転のロングボールを両ハンドで打つのが得意なら、ロングサーブを多く使う、短い横を出して払わせる

フォアハンドで強打したいなら、逆横回転のサーブをフォア側に出す

フォアハンドのレシーブが得意なら、バックに回り込みやすいように構える

などだ。

このように、自分の長所を活かせる方法を何通りも考えておくことが重要だ。

なぜなら、1つしかないと上手に対応してくる相手と当たった場合にパニックになるからだ。

予め何通りも考えて自分のものにしておくことで、試合で効かなくても他の戦法を慌てずに使うことができる。

あらかじめ何通りも考えるというのが重要だ。自分の長所を使う機会を増やす方法はたくさん考えよう。

3.長所を活かすために短所を鍛える

練習というのは基本的に長所を伸ばすか、短所をなくすかのどちらかだ。

だが、もっと大きな枠で考えると短所をなくすということは長所を伸ばすということにつながってくる。

短所をなくすというのは、二次的に長所を伸ばすということなのだ。

逆に短所があると、長所を活かしきれない場合がある。

例えば、

フォアハンドドライブがいくら得意でもバックハンドが下手だったら打つ前に狙われてしまうではないか。

どんなに威力があっても安定感がなかったら試合では使えないではないか。

サーブがイマイチだったら得意の攻撃につながらないではないか。

このように、短所が長所を隠しているケースは意外と多いのだ。

卓球が強い人というのは、弱点が少ないという特徴がある。

長所を隠してしまう短所は、すぐに改善していく必要があるだろう。

自分の長所を隠してしまいそうな短所があると、どんなに長所の技術力をつけてもあまり意味がない。できないことをできるようにすることはあなたの卓球にとって良い影響をもたらすはずだ。

まとめ

と、いうわけで長所を伸ばしたい人は上の3つのポイントを意識して練習してみてください。

ちなみに、総合力をつけながら強くなるのなら3番目の方法がおすすめです。

「強い選手には短所が少ないという特徴がある」

とリオオリンピックの時の水谷選手のコーチだった邱建新さんも言っていました。

1.長所の技術力を鍛える

2.長所を活かす方法を考える

3.長所を活かすために短所を鍛える

この3つを現状の自分に照らし合わせてチョイスしていくことが重要です。

今日は以上!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。