【他の追随をゆるさない高性能】僕がバック面にテナジー05FXをオススメしたい人はどんな人?

スポンサードリンク

フォローしてもらえると、我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!役に立つツイートも!

 

こんにちは、我流卓球理論SHUNです。

 

バックのラバーにはものすごくこだわりがあります。

 

フォアに比べて、バック技術は僕にとってものすごく繊細な技術なので、ラバーが変わるとガラッと技術が変わってしまうんです。

 

正直に言って、テナジー05FXほど納得のいくラバーを見つけることが出来ません。

 

なぜなら、テナジー05FXは回転・スピード・コントロールどれをとっても僕が満足できるレベルのボールが打てるからです。

 

今日は今更ですが、僕がバック面に愛したテナジー05FXを語りたいと思っています。

 

テナジー05FXが自分に合うかどうか、これをみたらわかるでしょう。

SHUN

バック面における自分史上最強のラバーです。

以下の3つの条件を全て満たす人は、絶対オススメです。

  1. バック面は柔らかくコントロールしやすいラバーが好き
  2. バック面はひっかかりや回転を求めている
  3. バック面も入れるだけではなく、ある程度の球威が欲しい

対上回転

 

柔らかい打球感でとてもコントロールがしやすいです。なおかつひっかかりが良いので、ボールを持つ感覚が非常に強く、弧線がでて落ちる心配がありません。

 

そしてこのラバーがすごいのは、コントロールしやすいのにある程度の威力を出すことが出来る点です。

 

バック対バックの時も早い打点で回転をかけて球威で押すことができます。

 

また、中陣に下がってしまった時もバックドライブでしっかりと回転をかけて盛り返すプレーもできます。

 

中陣からひっかけて、くいこみのよさでコントロールし、前に振ることで威力のあるバックドライブを打つことが可能です。

 

さらに、軽く打ってもある程度いいボールが出てくれるので、強く打てない時も安心感があります。

 

おまけにブロックの時も食い込みが良く、コントロールしやすいです。抑えがききやすく、台に収めやすい。

 

もちろん止めるブロックだけなら、もっと台に収めやすいものはあるとは思いますが、テナジー05FXは伸ばすブロックがやりやすいです。

 

伸ばすブロックはとても便利な技

 

伸ばすブロックはとても便利な技です。なぜなら、伸ばすブロックは安定感がありつつもある程度の球威を保つことができる技だからです。

 

そして、テナジー05FXは安定しつつも伸ばすブロックの球威を高めてくれるラバーです。相手コートでぐんと伸びて、相手はラケットの角に当ててミスをしてしまいます。

 

その他の柔らかいラバーでは、安定したとしても球威がやや足りません。ですが、簡単に前進回転を生み出せるテナジー05FXなら伸ばすブロックがとても武器になります。

 

カウンターのときは、ボールを持ちすぎてしまうためオーバーミスに気をつけなければなりません。このあたりは当然シートの硬いディグニクス05や80の方がいいと思います。

 

ですが、柔らかいラバーの中ではシートのひっかかりがあるため、他の柔らかいラバーと比べるとカウンターしやすいです。

 

とは言っても、僕は伸ばすブロックを多用するのでバックカウンターはそこまで使いませんが!(笑)

 

ここ大事、要チェック!!

バックに安定感だけをもとめるなら、他の柔らかいラバーの方がいいと思います。

 

「バックは、ただ入れるだけでいいや」と考えている人にはもっといいラバーがあります。

 

柔らかい打球感と安定感もほしいけど、その中でも少し回転や威力のレベルが高いボールを打ちたい!って人にはオススメです。

2.対下回転

 

下回転に対しても楽にドライブができます。

シートのひっかかりとスポンジの食い込みがあるので、ダブルで持ち上がってくれます。

 

通常のテナジー05で下回転に対してバックドライブをすると、オーバーミスが出てしまうことも多かったのですが、05FXならしっかりと球の深さを調節できるのでミスが減りました。

 

ツッツキに関しては、人によっては飛んでいってしまうと感じる人もいるようです。私の友人はそう言っていました。

 

個人的には、どのラバーもそうですがシートを使ってしっかりと切ればコントロールしつつ鋭いツッツキが打てるので問題ありませんでした。

 

3.レシーブ

 

コントロール性能が高く、相手コートの浅い場所も狙えるので、チキータレシーブがオーバーしにくいです。

 

僕は、チキータもどきみたいなレシーブを頻繁に使うのですが(笑)これは、浅く狙うことが入れるコツ。それがやりやすいんですよね。

 

ストップも、バックであれば感覚があるのでそんなに困りません。むしろ止まる。

 

ただ、ストップが上手くできるラバーを探しているなら当然もっといいラバーがあるでしょう。

 

まとめ

 

総じて、回転をかけて戦いたいプレイヤーにオススメです。当てて返すだけのバックハンドには、もっといいラバーがあります。

 

僕のように伸ばすブロックを使いたい人や、下回転に対してループバックドライブを使う人、ちょっと中陣に下がっても回転をかけてコントロールのいいバックドライブを打ちたい人にはオススメです。

 

また、フォアに比べてバックに自信はないが、それでもある程度の回転と威力を求める人にもおすすめです。

 

僕はロゼナでバックドライブを上達させて、さらに05FXにして磨きをかけたような感じです。

 

僕には、これ以上のバック面のラバーが見つかりません。

スポンサードリンク