キョウヒョウNEO3をレビュー!重量や寿命、オススメの選手などをご紹介します!

スポンサードリンク

フォローしてもらえると、我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!役に立つツイートも!

こんにちは、SHUNです。

本日は、ニッタクが販売している「キョウヒョウNEO3」をレビューします。

個人的に結構好みですね!

キョウヒョウNEO3にもニッタク版や紅双喜版といって別版があるのでややこしいんですが、

今回私がレビューするのはニッタク版のこれです(アマゾンなら夜に注文しても明日届くかも)↓

 

キョウヒョウNEO3のレビュー

ドライブは、スイングで調整しやすい

表面で擦るようにドライブをすると引っ掛かりをとても感じます。

シート表面で擦るループドライブも非常にやりやすいです。

1コースのドライブ連打で速いボールを打ってみましたが、勝手に飛んでいく感覚はないので強めのインパクトが必要な印象です。

しかし、思い切り前に振ってもボールが落ちることがなく、スイングスピードさえあれば威力のあるボールを打ちやすいですね。

また、後ろに下がっても弧線をつくってボールを飛ばすことが可能であり、スイング方向でボールの質を変えやすいラバーです。

下回転に対しても、ループドライブだけではなくぶつけながら回転をかけて一撃の威力も出すことが出来ます。

ゲーム練習においても、ハーフロングのボールに対してやや難しさを感じるものの、

引っ掛かりの良さを生かしたループドライブで得点出来たり、強烈な下回転打ちをお見舞いしたり、上回転のチャンスボールに対して思い切り前に振って得点したりと、割と自由度の高いプレーが出来ました。

avatar

SHUN

相手のサーブが台から出てきたときも、台に収まりやすく自信をもって振れる!ちなみにカット後46gなので軽いです。

おさまるブロック・安定するカウンター

軽く当てた場合はあまり弾まないので、ブロックのおさまりがいいです。

しかし、ただ当てるだけになってしまうと入りますが遅い棒球になってしまってチャンスを与えてしまいやすいです。

ですので、できればカウンターを積極的に狙っていきたいところです。

そしてなんとそのカウンターがやりやすいこと!

相手のループドライブに対してこちらもシートをつかってかけ返すことが出来ます。

そのカウンター時にボールが弾みすぎずにしっかりと台に安定して返球できるのがいい!

自信をもってカウンターができる、そんなラバーです。

avatar

SHUN

カウンターがやりやすくて弾みが抑えられていると、バック対バックやバックブロックでも個人的に使いやすく感じます。

レシーブ・台上技術は弱点なし

いわずもがな、ストップがとても止めやすいです。

相手のサーブに対して、打球点を速くするだけでピタッと止まるストップを繰り出すことが出来ます。

また、ツッツキも長短をつけやすいです。ちょっと浅めのツッツキを送ってハーフロングのボールにして相手に打たせたり、逆に深く狙って思い切りツッツキしても台に収まるので、自由度が高いです。

さらに、フリックがとてもやりやすく感じました。チャンスボールに対してフリックでパチンと弾きながら打っても自分でコントロールできる感覚があり、そのうえ相手の下回転に対してもナックルフリックがしやすかったりと、つなぎも決める時も台に入れやすくとてもよかったです。

avatar

SHUN

レシーブの時や、台上の時の安心感がとても良い!

サーブ

サーブを短くコントロールしやすいラバーです。

たとえ思い切り切ったとしてもボールが短くなるので、「台から出ないようにしないと」というシビアなコントロールをしなくてもいいラバーだと感じました。

ロングサーブもすごく速いボールを出しやすいというわけではないですが、必要最低限のスピードは出すことが出来ます。

avatar

SHUN

切ると台から出てしまいやすくなる人とかは、これを使うとコントロールできるかもしれませんね。

キョウヒョウNEO3のオススメの選手

必須条件:回転をかける技術を持った選手でなければ扱えない

このラバーを使うにあたって絶対に身につけなければいけないのは、「回転をかける技術」です。

この能力が貧しい選手は、まだこのラバーを使うには至りません。

回転をかけることが出来なければ、ただ遅いだけの棒球になってしまいます。

とはいえ、ひっかける感覚を養いたい人が使う分には試してみてもいいかもしれませんね。

シートにひっかける感覚が強い選手には非常におすすめです。

オススメ:パワーがあって、台上が苦手な選手

パワーがある選手にはとてもオススメできます。

なぜなら、このラバーは粘着テンションや通常のテンションラバーと比べると弾みが劣りスピードを出すためにはインパクトが必要になります。

ループのように粘り散らすこともできるので必ずしもパワーは必須条件ではありませんが、ある人の方が威力と回転が合わさり強烈なボールになるのでこのラバーがいきると思います。

また、パワーがある人というのは台上が苦手な人も多い印象です。

「自分が攻撃さえできればなぁ」と感じる人は、このラバーを使って苦手な台上技術を補うといいでしょう。

オススメ:カウンタープレーも多く使う選手

そして、カウンタープレイヤーにもおすすめです。

前述したように、非常にカウンターのおさまりがよく安定したカウンタープレーを可能にします。

こういう選手には、このラバーの長所をさらに生かせると思います。

まとめ

いかがでしたか?

今日は「キョウヒョウNEO3」をレビューさせていただきました。

自分には粘着はムリだと思っていましたが、このラバー結構使いやすかったですね。

もしかしたらエボリューションMXSからの乗り換えもあるかもしれませんね。

値段も案外安く寿命も長いので、試しやすいですね!

キョウヒョウNEO3にもいくつか種類があるので気を付けましょう。

今回私がレビューしたキョウヒョウは以下に貼っておきます。

メンタルを強くしたい人にオススメの本!

メンタルが弱くて悩んでいませんか!? そんな人にこの本をオススメしています。 卓球と心理学、どちらにも精通した人の本なので、とても参考になります。 レビューを書きましたので読んでみてください。

レビューを見る

スポンサードリンク