【不器用な人でもできる】中級者の下回転に対するバックハンドドライブを決める3つのコツ

img_0889.jpg

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

こんにちは、我流卓球理論のSHUNです。

バックハンドドライブがいまいちできなくて悩んでいませんか?

バックハンドドライブってフォアハンドよりも難しいと感じてしまいますよね。

SHUN
僕も、下回転に対して回り込むことしかできなかった時期が長かった・・・

実は、そんな「バックドライブができない」という悩みも、しっかりとポイントを押さえてたくさん練習すれば、解決できます。

今回は、「中級者における対下回転のバックドライブの3つのコツ」をご紹介します。

それでは解説モードへ。

中級者におけるバックドライブは、ループドライブを徹底して練習しよう

中級者がバックドライブを練習する際には、ループドライブ(回転量重視のドライブ)を徹底して練習することがベストである。

なぜなら、ボールに回転をかけるという感覚が一番重要であると同時に、中級者が突然一撃必殺のバックドライブを覚えることは難しいからだ。

実際に、一撃でしとめるバックドライブをひたすら練習したところで、試合で使える機会は極めて低いし、「練習したから」といってなんでも一撃で仕留めようとする癖がつく。

それではミスの多いスタイルが完成してしまうだろう。

もちろん、威力のあるバックドライブを打てると武器になるのは事実だ。

しかしながら、中級者の試合で使えるバックドライブの条件は、まずしっかりと回転がかかっていて、安定して相手コートに入ることである。

さらに、回転をかける感覚を身につけることで、実は速いボールも出しやすくなる。

だから、まずはしっかりと回転のかかったループドライブを習得するべきなのだ。

中級者におけるバックハンドドライブのコツ

それでは、ここからは実際にバックハンドドライブのコツを解説していこう。

画像を使ってポイントを説明するから、ぜひ熟読していただきたい。

1.バックスイングでは、「ツッツキに目線を合わせて」低い体勢で準備する

まずは、バックスイングの参考画像だ。

バックスイングではツッツキに目線を合わせよう。

こうすることで、相手の下回転に負けにくくなる。低い姿勢を作ることができるから、ボールを擦り上げる準備ができるのだ。

また、ツッツキに目線を合わせることでボールの高さや深さの判断がつきやすい。

目測をしっかりと測ることができるから、結果としてミスが少なくなるのだ。

これはフォアハンドドライブでも同様である。

相手がツッツキをするそぶりを見せたら、すぐに低い姿勢を意識して、打球されたツッツキに目線を合わせよう。

サーブを出した後に、なるべく低い体勢をあらかじめ作っておくことで、3球目バックドライブもしやすくなる。

2.インパクトでは、手首のスナップを効かせてボールに強い前進回転をかける

次に、インパクトの参考画像だ。

インパクトでは、強い前進回転をかけよう。前述したように、インパクトの瞬間はループドライブを出すイメージで下から

上にスイングしてとらえる。

中級者におけるバックドライブの練習段階では決してスピードを求めないようにしよう。

最初は、回転量9割・スピード1割の割合でいいくらいだ。

まずはしっかりと擦る感覚を身につけることが重要である。

強い前進回転をかけるためには、手首のスナップを効かせて打つのがオススメだ。

また、手順1のバックスイングの画像をもう一度見て欲しい。

バックスイング時にしっかりと手首を入れ、ラケットヘッドが自分の方に向くようにすると、手首を使いやすくなるから、要チェックだ。

3.バックスイング(打つ前)からフォロースルー(打った後)まで、フリーハンドを高い位置に置いておく

最後に、フォロースルーの参考画像だ。

ここで、いままでの参考画像を今一度チェックして欲しい。

気づいて頂きたいのは、どの画像もフリーハンドをある程度高い位置に置いているという点だ。

筆者の場合は、インパクト時だけではなく、バックスイング〜フォロースルーまで常に程よく高い位置においている。

フリーハンドを高くする1番大きなメリットは、体軸がブレなくなることである。

体軸と言われても、ピンと来ない人も多いだろう。

実際にフリーハンドを下げた状態でバックドライブを打とうとすると、体が傾いてしまったり、流れてしまったり、やたらとスイングが大きくなってしまったりする。

つまりこれは、体軸がブレているということになる。

フリーハンドを下げてしまうと、片方の腕だけを振り回すことになるから、体のバランスが無意識のうちに崩れてしまうのだ。

実は、バックドライブに限らず攻撃が安定しない選手は、体軸がブレる傾向にある。

初中級者は、小手先にしか目がいかず、やりづらいからと言ってすぐにフリーハンドを落としてしまう。

見落としがちな点であるから、今一度意識をして頂きたいポイントだ。

下記は連続写真をGIFにしたものだ。あなたのバックドライブの参考にしてほしい。

※下記画像をタップして動きを見てみよう↓

IMG_0865

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「下回転に対するバックハンドドライブのコツ」についてご紹介させていただきました。

これで、何度もポイントを参考にしながら練習すればできるようになっていくはずです。

練習でできても、本番でできないということもあると思いますが、試合でも積極的に取り入れることでその技術は飛躍的に向上します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

おわり~

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。