卓球のブロックがオーバーミスしてしまう人の2つの対処法

スポンサードリンク

フォローしてもらえると、我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!役に立つツイートも!

こんにちは、SHUNです。

 

どうしてもブロックが難しい、飛んで行ってしまうという人のために記事を書きます。

 

ワンコースで練習していても難しい場合は、力が入りすぎてしまっている場合が多いでしょう。

 

そこで今日は、ブロックで力を抜いて相手コートに確実に返球するコツをお伝えしようと思います。

 

ブロックの時に力を抜くための2つの方法

1.グリップを優しく握る

まず、大切なのはラケットを持っている指の力を抜くことです。

 

つまり、グリップをやさしく握るということが大切なんですね。

 

なぜなら、そうすることで相手のボールの威力を吸収することが出来るからです。

 

実際に、力が入ってしまう人はグリップを強く握ってしまっていることが多いですね。その影響でラケットが硬くなってしまいボールが反発しやすくなっています。

 

「どうしても力が抜けない」という方は、無理に体の力を抜こうせず、ラケットを握っている力を弱めることを意識するとよいでしょう。

 

体の力は抜こうと思って抜けるものではありませんが、指の力を抜くことは比較的簡単にできるはずです。

 

少しグリップがブレるくらいの強さで握ってみてください。

 

2.相手のボールより遅く打ち返す

それでも、なかなか難しいという場合は、あいてのボールよりも遅く返す意識を持ってみましょう。

 

相手からくるドライブよりも、遅いボールで返す意識を持てば、自然と力を抜くことが出来るようになります。

 

もちろん、最初はどうしても力んで相手のボールよりも速くなったり、安定しないこともあるでしょう。

 

ですが、常に遅いボールを返そうとしてみてください。

 

慣れてくると、徐々に感覚をつかみボールを飛ばさないようにできるはずです。

 

力をぬくための画期的な練習方法

箱に入れる

 

①ドライブの球出しをしてもらいましょう。

②ドライブが来たら、ブロックをします。

③相手コートの真ん中あたりに箱が置いてあるので、その中にボールを入れるように狙います。

 

 

このように手前にある箱を狙う練習をすることで、威力を吸収する感覚をつかむことが出来ます。

 

もし難しい場合は、球出しの人にもう少しゆっくり出してもらいましょう。

 

そして慣れてきたら、威力をほんの少しずつ上げてもらいましょう。

 

SHUN
意外とムズイ!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ブロックの時にどうしても力が入ってしまう人の対処法についてお話しました。

これをやれば、かなりブロックの安定感が上がるはずです。

 

~今日のToDo~

・まずは、グリップが少しだけブレるくらいにやさしく握ろう

・相手の攻撃よりも、スピードを遅くして返す意識を持とう

・相手コートに箱を置いて、その中を狙ってみよう

 

スポンサードリンク