試合に勝てるラバー!GFT48をレビューします。

img_0712.jpg

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

こんにちは、我流卓球理論のSHUNです。

今日は、卓球ラバーのGFT48についてレビューしたいと思います。

このラバーは、ものすごくいいラバーです。なんというか、試合に勝ちやすいラバー。

とにかく全体的なバランスがよくて、相手のコートにとりあえず入ってくれるんですよね。

試合巧者ラバーのGFT48を使えば、安定感のあるプレーをできるようになります。

それではどうぞ。

GFT48の第1印象

全体的にバランスのとれたテンション系ラバー。フォアでもバックでも使いやすい。

中でもコントロール性能に優れている。

また、グッドフィーリング(GF)というだけあって打球感も心地よい。

ラケットとの相性としては特殊素材には微妙で、木材との相性が抜群。

オススメとしては、フォルティウスFTやインフィニティVPSVなどの弾む木材。

打球感

柔らかく、しっかりとボールを掴む感覚がある。

ジーンと手に響く不思議な感覚。

弧線

オメガVツアーDFほどではないが、弧線が高い。

フォア打ちの段階で、高く上がっていく印象。

GFT48の基本性能

弾み・スピード性能

(7点/10点)

打球感は柔らかいが、スピードボールを打つ時もしっかりとスイングに応えてくれて落ちない。

弾み、スピードはそこそこという印象。

速くも、遅くもないが必要充分。

引っかかり・回転性能

(6点/10点)

回転はかからないわけではないが、絶対的な回転力はやや低め。

操作性・コントロール性能

(8点/10点)

コントロール性能が非常に高かった。

打球点を選ばずに、入れたいときに入ってくれる。

技術別レビュー

攻撃

ドライブはとにかく安定する。

とくに、相手のブロックなどの上回転系に対するスピードドライブの安定感が良い。

スピードもテナジーには劣るがそこそこあって十分満足できる。

回転も、非常にかかるラバーというわけではないが、最低限必要な回転がかかる。

しかし、ループドライブの引っかかりや回転性能、安定感はオメガVツアーDFに劣る。

後ろに下がっても安定し、ある程度はやりあえるが、積極的に下がりたいとは思えない。

スマッシュの弾きは良い部類。

守備

ブロックがやりやすい。

ボールを掴んでからかえっていく感覚がある。

カウンターは、引っかけ気味のこするカウンターは落ちてしまい微妙だが、弾き系のカウンターの打球感がよく、安定する。

台上技術

ストップはやや浮いてしまうが、ツッツキは非常に鋭く出すことができる。

フリックは非常にやりやすい。

チキータの安定感もでる。

ストップ以外の台上技術は、とてもやりやすい印象であった。

サービス・レシーブ

サーブは、比較的コントロールしやすいし、切れあじも悪くない。

しかし、短いショートサーブの出しやすさと切れあじではラクザ7やオメガVツアーDFに軍配があがる。

それでも、ショートサーブを出しやすい部類ではある。

ロングサーブは非常にコントロールしやすく出しやすい。

レシーブは、意外と相手の回転の影響を受けづらく、比較的安心できる。

とくにツッツキやフリックのレシーブが深く入り、先手を取れる

非常にやりやすかった。

まとめGFT48の良いところと悪いところ

・良いところ

打球点を選ばず非常にコントロールがよい。

打球感が柔らかいが、エネルギーロスがなくスピードボールを打てる。

レシーブが、安定する。

・悪いところ

回転量がやや少ない。

ストップが若干しづらい

GFT48はどんな人にオススメか?

プレー全体に安定感が欲しい人にオススメです。

パワーがあるけどボールが入らない、パワーがあるけど、柔らかい打球感が好き、という人にはとてもオススメできます。

すごーく、一押しのオススメラバーで僕も長く愛用しました。

ぜひ、使ってみてください。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。