卓球でラリーが続かない初心者が一番効率よく技術を身につけられる練習方法!

img_0091.jpg

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

こんにちは我流卓球理論のSHUNです。

最近、初心者を教えてます。

初心者のあなたは、少しでも効率良くなおかつ、確実に上達する方法をお探しではありませんか?

初心者を教えるのって案外難しいんですが、初心者が上達する一番効率のいい方法、見つけました。

それが、多球練習です。

○多球練習ってなんぞや

多球練習とは、文字通りたくさんの球を使って行う練習のことだ。

送球者と練習者に別れて練習をする練習法で、初心者から上級者まで幅広く対応できる練習法だ。

筆者は、初心者のうちに1番上達する近道がこの多球練習だと考えている。

これから、初心者が多球練習で得られるメリットを紹介しよう。

○初心者が得られる多球練習のメリット

・時間のロスをなくし、効率よく練習できる。

初心者のうちは、ボールコントロールに難がある。

ワンコースで練習したくても、すぐ違うコースに飛んで行ってしまったり、ボールがコートに入らなかったり、ミスが極端に多い時期だ。

こういった時期に、一球だけ扱う練習は効率が悪い。

なぜなら、初心者がミスをするたびに練習を中断しなければならないからだ。

特にフォアとバックを交互にやる練習など、フットワークを使う練習は絶対に続かない。

そこで、多球練習が必要だ。

多球練習であれば、初心者がミスをしても中断せずにそのまま出し続けられるし、感覚を養うにはとても効率が良い。

もちろん、多球練習でなくとも球をたくさん準備すれば1球練習でいいという意見もあるだろう。

しかしながら、多球練習の良さは他にもある。

球を出す側が、ピッチをコントロールできるのも多球練習ならではのメリットだ。

初心者の打ちやすい球を出し続けることができるのだ。

そのおかげで、相手のレベルに合わせた練習が出来る。

結果的に、純粋に球を打つ回数を増やすことができ、初心者は効率よく上達することとなる。

○多球練習を利用した、初心者が確実に技術を身につける最も効率的なステップ!

STEP1 多球練習で量をこなし、球を返すための良い感覚を養う

初心者の時点で必要なのは、紛れもなく練習量だ。

球に触る回数をどれだけ多くすることができるか、これを考えることが1番重要である。

なぜなら、初心者のうちは上達が目に見えやすいからだ。

もちろん、質も必要だが、初心者のうちは質より量である。

だから、まずは多球練習で球を触る回数を増やし、良い打球感覚を持つことが大切だ。

例:初心者がドライブを覚える場合

ドライブを覚える場合を例にしよう。

ドライブを覚える場合、まずは前進回転をかけられるようにする必要がある。

だから、まずは送球者にツッツキ性のボールをフォア側にひたすら送ってもらい、それに前進回転をかけドライブし続ける。

もう、ひたすらワンコースでツッツキ性のボールを送ってもらい、

それをただひたすらドライブするのだ。

この、連続した反復運動が多球練習の最大のメリットであり、感覚を養うのに1番良い理由だ。

補足:練習者はひたすら打ち続けるわけだが、この時もボーッと打つのではなく、どうすれば入るのかを常に考えよう

STEP2 一球練習で、安定して技術を使えるようにする

さて、多球練習で感覚を養い安定感が増してきたら、今度は1球練習に挑戦しよう。

一般レベルの多球練習では、感覚を養うことができる反面、実践的なボールがあまり来ないというデメリットもある。

打球が安定してきてもなおずっと多球練習で練習をつづけていても、限界値に到達してそこから伸びづらくなってくる。

そこで、実際に試合で使えるようにするために、一球練習を行うのだ。

一球練習では、多球練習とは違い、自分が打ったボールを相手が返球してくるため、まさに試合と同じような生きたボールが返ってくる。

人間が自然なボールを返してくるわけだから、それだけ練習の質が試合と近くなるのだ。

ラリーの続かない初心者の場合は、多球練習。

ラリーを続けられる初心者の場合は、一球練習。

このようにステップを踏めば無理なく上達する事ができる。

○多球練習で初心者が気をつけるべきこと

・ゆっくりと球出ししてもらい、余裕を持てるようにする

多球練習には、感覚を養えるメリットがある反面、技術に丁寧さがなくなる可能性がある。

だから、初心者が技術を覚える段階ではゆっくりと球出しをしてもらうのがミソだ。

早すぎると、初心者の場合は返そうという意識を持ちすぎてしまうあまりラケットの角度など、技術を調節する余裕がな9くなる。

これでは、悪い感覚を養ってしまう可能性がある。

ゆっくり出してもらって、一球一球良い感覚を感じながら、感覚を養っていくのが初期

段階のポイントである。

慣れてきたら、無理のない範囲でピッチを早くしてもらおう。

一球一球、しっかりと調節して打つ

先ほども少し述べさせていただいたが、ただなんとなく多球練習をしても意味がない。

入った球・入らなかった球があるが、入らなかった場合しっかりと技術を調節する必要があるのだ。

ネットミスをしてしまったらラケットの角度を上げる、オーバーミスをしてしまったならラケットの角度を下げてみるなど、意外とシンプルに調節できるものだ。

一球一球、そうした意識を持つことで、技術の習熟スピードが格段に違ってくる。

初心者のうちに、技術を調節する癖を付けておこう。

初心者のうちの意識が、中級者になっても伸び続けられるかどうかの大きなポイントになるのだ。

○まとめ

ラリーの続かない初心者にとって、多球練習は、時間を効率よく使うことのできる素晴らしい練習です。

今回の話をまとめると

・ラリーが続かないうちは多球練習で打球感覚を養う。

・ラリーが続けられるようになっていれば、一球練習で生きたボールを打つ。

・初心者の多球練習では、ゆっくりと球を出してもらう(レベルによって調節してもらう)。

・漠然と練習せずに、一球一球なぜ入らなかったのかを考え、調節する。

以上のようなポイントを踏まえれば、すぐにラリーが続くようになりますよ!

教えている初心者ができるようになると、教えている方もすごく楽しいっす。

そして意外と初心者のイレギュラーな球を返すのが練習になったりしてます笑

おわり

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。