ワルドナーセンゾーカーボン中国式レビュー【重量や合うラバーは!?】

スポンサードリンク

フォローしてもらえると、我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!役に立つツイートも!

こんにちは、SHUNです。

 

今日は、ワルドナーセンゾーカーボンというラケットについて書きます。

 

このラケット、めちゃくちゃすごいんですよ。

 

今日は僕のお友達である、ワルドナーセンゾーカーボン大好きおじさん(使い手)に出演していただいて、

このラケットの良さについて熱く語ってもらおうという企画でございます。

 

ちなみに、この方の最高戦績は、県大会シングルスベスト16です。参考まで。

 

では、タナカさんよろしくお願いします!
SHUN
SHUN
タナカさん
はいはい、どうぞよろしくお願いいたします!

 

さっそくワルドナーセンゾーカーボンの良さについて語ってもらいました

タナカさん
結論からいいますと、「木材5枚合板大好きなんだけど、弾みだけ少しプラスしたい人に最高」です。
ほう!
SHUN
SHUN

 

タナカさん

特徴はこんな感じです。

 

・打球感はほぼ木材五枚合板
・弾道も木材五枚並みの弧線
・強打時のみカーボンの弾みあり
・台上はもはや完全に木材並みの弾まなさ、ストップやりやすし
・グリップ空洞なので、先端重心で全体重量軽いけど威力それなりにでて球軽くない

え、木材とカーボンのいいとこどりじゃないですか!すご!
SHUN
SHUN
タナカさん
最高のラケットです。

 

 

このラケットの前は、木材5枚のアコースティック使ってたと思うんですが、

 

 

 

具体的にどんな所が変わりましたか?

SHUN
SHUN

 

タナカさん
・強打時の弾み「のみ」アップ
・球の重さアップ(自分じゃわからないですがそんな、きっと気がします。)
・ループの回転量アップ(先端重心の影響?)
タナカさん
最高のラケットです。
SHUN

いやぁ、タナカさんはほんとにワルドナーセンゾーカーボンがお好きなんですね(笑)

 

何か欠点はないんですか?

タナカさん

あえて欠点言うとしたら

 

先端重心に慣れるまでは
意識しないと振り遅れます。

SHUN
センゾーは割と軽めのラケットだと思いますが、やはり先端重心は振り遅れが生じやすいということですか?
タナカさん

振り遅れの原因は
ペンだと、先端重心の場合
ラケットヘッドが下がりやすいからと想像します。

 

だから球重くなり、ループ回転量も増えたのでしょう。

タナカさん
最高のラケットです。
SHUN

同じセリフ三回目w

 

すごくラケットに対する熱意が伝わってきますね(笑)
先端重心には、比較的簡単になれることができましたか?

タナカさん

全体重量は重くないので、「先端重心だからラケットヘッド下がりやすくて振り遅れてるんだ!」と理解できてからはスグに慣れましたね。

使いはじめたその日に使いこなしてましたもんね(笑)
SHUN
SHUN
タナカさん
めちゃくちゃ扱いやすいんですよ。
SHUN
確かに僕も打たせてもらいましたが、めっちゃ木材感あるんですよね。先端重心で威力も出るし。
タナカさん

トッププロで先端重心にするためにウェイトシールを張る人がいる理由がわかった気がしました。

タナカさん
ワルドナーセンゾーカーボン中国式
かつてない全能感をあなたに
SHUN

広告?(笑)

やっぱり先端重心だと、回転量もあがるんだなぁ。

タナカさん
ほんと、めちゃくちゃかかるんですよ。

 

SHUN
受け手としても、アコースティックの時より全体的な球威があがったきがします。
SHUN
それでいてストップもやりやすいってかなりやばいですね。
タナカさん
はい。とても良い塩梅です。
硬めのラバーに良く合いますね。チャイラバも合うと思います。
タナカさん

今カーボンラケットでミスが多い方や
逆に今木材で威力が流石に課題…という方

 

オススメですね。

SHUN
木材5枚合版から、ほとんど感覚を失わずにそのまま威力アップですね。
タナカさん
ですね。

 

~2人の会話をまとめるとワルドナーセンゾーカーボンは~

  1. カーボンなのに5枚合板のような打球感
  2. 強打の弾みはあるのに、軽打や台上は5枚合板の性能
  3. 先端重心のため振り遅れやすいが、なれると回転量アップのメリット
  4. 硬めのラバーでも扱いやすい
  5. 今木材で威力不足に悩んでいる方にオススメ

 

 

いいなと思ったらワルドナーセンゾーカーボンの最安値をチェック!

↓シェークも中国式も探せます↓

スポンサードリンク