卓球の試合でブロックができない人が、ブロックできるようになるコツ

スポンサードリンク

フォローしてもらえると、我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!役に立つツイートも!

こんにちは、SHUNです。

あなたは、こんな悩みを持ってませんか?

「練習ではブロックできるのに、ゲーム練習や本番の試合ではブロックができない…」

練習では簡単にとめられても、試合では難しく感じてしまう、そんなブロックの謎にせまります。

今日は、そんなあなたに試合でもブロックができるようになってもらうべく、記事を書きます。

私がブロックだいぶマシになった経験を踏まえてお話しますので、結構効果あると思います。

是非見てください。

その昔、ブロックができないという1人の青年がいた。僕←

私はもともと、ブロックという技術が苦手でした。

練習でブロックを回すときは、相手のボールにタイミングを合わせてしっかりと返球はできたのですがゲーム練習や本番の試合になるとどうもできない・・・。

「なぞだ。謎すぎる。なんで練習ではできるのに、試合になったらブロックが出来なくなるんだ・・・。ラケットに当たってもブロックができん!!」

こんなふうに、守備があまりにもできない、そう思い続ける毎日でした。

そんなある日、私はとんでもない発見をしてしまったんです!!

そもそも、試合でブロックしようとしてないやんけw

そう、そのとんでもない発見とは・・・
「攻撃することしか頭になかった!!」

たったこれだけのことでした。

つまり、そもそも試合でブロックを使おうとしてなかったんですよね(笑)

攻撃に意識が行き過ぎて、本来ブロックしないといけないボールも無理やりなカウンターになってしまったりしていたことに気づいたんです。

それに気が付いたのは、たまたま相手の強打に対して強めに打ってオーバーした時に

「ん?今のは打つべきボールじゃないよな、無意識に打ってるな」

と思ったからでした。

「ああ、道理でブロックできなかったわけだな・・・」

とその当時の私にとっては目からうろこだったんですね。
脳みそ筋肉とか言わないでやってくれやw

「意識的に」ブロックを使うようにした

それに気が付いてからというもの、私は「意識的に」ブロックを使うように努力しました。

私はパワーで押していく卓球スタイルですが、それが災いして「ブロックを使おう!」と意識的に心得ないと使えないということに気が付きました。

ブロックしようとしないと、焦って無意識に手が出てしまいボールを飛ばしてしまう。

もちろん、すべての選手がそうであるとは思いませんが、私のように攻撃にスキルを全振りしているような選手の場合、「無意識にブロックを繰り出す」というのはなかなか難しいのではないか、と思っています。

実際にそういった経験をし、「意識的にブロックを使っていくんだ」と心得るようになってからは、比較的ブロックができるようになってきました。

さらに相手の打ってくる場所もなんとなく予測できるようになったのです。

ブロックを使えるように、私が意識してきたこととは?

さて、「意識的にブロックをする」というのはどういうことか?

これには2つの方法があると考えています。

それは

①これは打たれるぞ、と思った時の意識の持ち方

②ブロックを組み込んだ戦術を使うこと

の2つです。

この2つをできるようになってから、試合でもブロックが出来るようになりました。

それぞれ解説します。

①これは打たれるぞ、と思った時の意識の持ち方

ラリーの最中に、「これは打たれるぞ」と思うことがあるはずです。

そういった時に意識することが重要なのですが、すぐさまブロックの体制を整えます。

具体的には、相手の打ってくるコースを予測しながら(基本的にはバック待ち)まずグリップの力を抜きます。

なぜなら、グリップの力を抜くことでラケットを柔らかく握ることができ、ボールの威力を吸収しやすくなるからです。

そして、ラケットを比較的高く構える(バック)ことができたら準備完了です。

この形で待っていれば、力を抜いた状態でラケットを高い位置で構えることができます。

この、力を抜いた状態でラケットを高くバックで構えておく、という条件を満たしたときブロックの精度が格段に上がりました。

力を抜いておけば、ラケットに当たったときに吸収することができ、さらにとっさにフォアに来た時にも手がでやすくなります。

そしてラケットを胸の位置くらいに高く構えておけばボールを抑えやすくなるのです。

②ブロックを組み込んだ戦術を使うこと

そして、もう一つ意識したことがあります。

それが、「ブロックを使うことを前提とした戦術を組み込む」ということです。

じっさいに戦術に組み込むことでシステムが生まれ、試合でブロックをうまく使うイメージを固めることが出来ます。

まず私が行った戦術は次の通りです(対右利きを想定しています)。

1.バックに上ロングサーブ(出し終えた直後に上で紹介したブロックの体制を作ります)→相手はこちらのバックに返球(このロングサーブはバックに返球されやすい)

2.バックブロックを相手のフォアへ→相手はフォア側に大きく動かされることになり、なんとか返球

3.さらにバック(フォア)ブロックを相手の空いているバック側へ→相手はバックでつなぐしかできない

といった具合にラリーの主導権を握りました。

私がブロック戦術を行う時は、大体あいてをフォア側に大きく動かしてからバックを詰めるパターンです。

是非参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今日は練習ではできるけど、試合でブロックが使えない人のために記事を書きました。

あなたがやるべきことは以下の通りです!

~今日のToDo~

・まずは、練習でブロックが出来るようになろう

・打たれるぞ、と思ったらグリップの力を抜いてラケットを高くし(胸の位置)バックブロックの構えをとろう

・ブロックを使うことを前提とした戦術をなんども練習してみよう

スポンサードリンク