卓球で威力のあるフォアハンドドライブを打つための3つの方法

スポンサードリンク

フォローしてもらえると、我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!役に立つツイートも!

こんばんは、我流卓球理論のSHUNです。

「ドライブのスピードが遅い、ドライブが簡単に返されてしまう・・・」

「威力のあるドライブを打ちたい!」

このように悩んでいませんか?

それならば、僕に任せて下さい。実はフォアドライブは僕が一番得意としている技術です。

卓球と言うスポーツにおいて、ドライブはまさに必須の技術であると言えます。ドライブは、前進回転がかかっていて安定感のある攻撃ボールです。だから、一般的な攻撃の手段としてほとんどの選手が使う技術になるでしょう。

この、ドライブ攻撃の威力が一定のレベルに達しているかどうかは、得点力を向上させる上で非常に重要な要素であることは間違いありません。

僕が考える威力のあるドライブとは「強い前進回転がかかっていてなおかつスピードがあるドライブ」ですね。こういったボールを出すことができれば、それだけで相手にプレッシャーをあたえられるでしょう。

ドライブの威力をあげるための手順は、以下の通りです

①股関節の力を使う

②スイングを前方に振る

③用具

この2つの手順を意識してやってみて下さい。

それでは解説編に行きましょう!

ドライブの威力を増す手順①股関節の力を使う

まず、ドライブの威力を高めるためには「溜め」を作る必要がある。走り幅跳びで言う「助走」にあたる部分だ。

ドラゴンボールに登場する孫悟空も、かめはめはを打つ時に「溜め」ている。イメージはそれでいい。

要は、瞬間的にパワーを出したい時に絶対に共通して存在するのが「溜め」である。

卓球も同じで、この「溜め」を作ることで威力のあるドライブを打つことが出来る。

そして、この溜めという言葉があいまいなのが問題だ。ポイントは、どういう動作が「溜め」なのか?ということだろう。

実は、溜めというのは【股関節】の力をつかうということだったのだ。

どのようにして、股関節をつかうのか?

※準備中

ドライブの威力を増す手順②スイングは「前方に」を意識する

ドライブに威力がない人に共通しているのは、極端に下から上にスイングしてしまっていることがある。

もちろん、ループドライブを打つ時は、この打ち方でも問題ない。

だが、ドライブのスピードを出すためには、前方にスイングする意識を忘れてはいけない。

なぜなら、回転はこする力で生まれるのだが、スピードは押す力で生まれるからだ。

回転とスピードが合わさると、威力のあるドライブになる。

下から上のスイングになりすぎると、回転はかかるがスピードは出ない。

よって、回転をかけながらも、前方にスイングをしていかなければならないのだ。

スピードが出ないと悩んでいるのは、多くの場合、力の伝わり方が原因だ。しっかりと正しい方向に力が加わっていれば、スピードにのった威力の高いドライブが打てるのである。

まとめ

いかがでしょうか?ドライブの威力を高めるための手順をまとめると

①しっかりと溜めをつくり、③ラケットを水平に振りぬく

この3つを意識して、ドライブ練習に取り組んでみましょう。

>>次は、卓球を上達するための手順について

スポンサードリンク