あきらめ癖が付いてないか?あきらめない力を簡単に身に着ける3つの道具とは?

スポンサードリンク

フォローしてもらえると、我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!役に立つツイートも!

こんにちは、我流卓球理論のSHUNです。

突然ですが、あなたはあきらめクセがついてはいませんか?

「試合で負けそうになったらそのゲームをすてる」

「できない技術をできっこないと決めつける」

「ゲーム練習でもすぐに手を抜いてしまう」

わかりますよね?(笑)

SHUN
わかるー

他のスポーツだとわかりませんが、まぁ卓球だと結構な割合でこういう人がいそうですよね。

まぁ、僕もそうだったんですよね。

そこで、今日はあきらめない方法について書くことにしました。結構効果あると思います。

是非最後まで読んでいってくださいね。

あきらめクセが付くと本番にどんどん弱くなる

あきらめクセが付くと、本当に癖になってどんどんと本番に弱くなってしまう。

なぜなら、あきらめることでよりいっそう自分に自信がなくなっていくからだ。

実際に、自分に自信がなくなっていくとさらにあきらめるようになっていき悪循環である。

もちろん、あきらめたくなるようなつらい過去などを経験して、あきらめるのが癖になってしまうこともあるだろう。

しかしながら、あきらめるという行為は相手が終わったといっていないのに、自分がはやくラクになりたくて勝手に終わらせる行為だということをまず認識しよう。

勝つ選手や結果を残す人は得てして高い自己イメージをもっていることが多いためあきらめることが少ないのだ。

凡人でもあきらめないガッツをあふれさせることができる

では、一部のアスリートしかあきらめないガッツをもつことは許されないのだろうか?

答えはノーだ。

それはトップアスリートや結果を残すエリートだけではなく、凡人にだってあきらめないガッツを習得することは可能だ。

あきらめない心、それは言い換えるとガッツがある状態のことだ。

つらい時や厳しい時でも、あきらめないガッツがあれば物事に積極的に取り組むことが出来る。

あきらめない心(ガッツ)を作る方法

しかしながら、どのようにすればガッツあふれることができるのか?と誰しもが考えるだろう。

そこで、次の3つの道具を使ってあなたの頑張れる力を育ててみよう。

それが、①言葉・②動作・③自己イメージの3つだ。

あなたが頑張っていた時や、ピークパフォーマンスの時には一体どのような言葉を発し、どのような動作をして、どのような自己イメージがあったか?を具体的に書き出してみてほしいのだ。

反対に、頑張れなかった時やパフォーマンスが低下していた時は、どのような言葉を発し、どのような動作をして、どのような自己イメージがあったかも書いておこう。

このようにすることで、2つの違いを把握することができ、意識的に自分の心をいい状態へと持っていくことが出来る。

※参考程度に筆者の書いたものをここに乗せておこう。

面白いことに、いい時と悪い時この2つは両立することはほとんどない。実際に、ガッツポーズを作っている時に負けてしまう自分を思い出すということはまずないだろう。

つまり、我々が発する言葉や、動作、自己イメージというのは我々の心に密接に関係しているという証拠なのだ。

言葉・動作・自己イメージを使う時は、しっかりと僕のように紙やノートに書くことがお勧めです。

SHUNはこの方法で、あきらめクセを克服した!

その昔、筆者は試合で追い込まれると、すぐにあきらめてしまっていた。自分のプレーが少しでもうまくいかないと、たちまちメンタルに影響して崩れていってしまった。

今考えれば理由は明確で、自己イメージが悪いことにあった。

そんなある日、映画「ロッキー」を見る機会があった。

映画に出てくる格闘家である主人公ロッキーは、世界チャンピオンと戦うことになるのだが、

「すべてのラウンドが終わって、立っていることが出来れば俺の勝ちだ!」

といい、凄まじいダメージを受けながらも最終的には立ち続けてみせた。そして、俺はやったぜ!と言わんばかりにリングの上で恋人の名前を叫ぶのだ。

ちなみに、彼はこの試合で負けている。たとえ負けたとしても「自分との戦いに勝ったロッキー」に、筆者は大きく感銘を受けた。

それからというもの、筆者は自分はロッキーなんだ!と思い、自己イメージをロッキーと結び付けた。

そうすることで自己イメージがよくなり、あきらめるということがなくなったのだ。

今では、「少しでも自分のいいプレーをだそう!」と思うことが出来て、卓球そのものが楽しくなった。

ありがとう、ロッキー。

今後も少しでも自分の実力を上げていけるように頑張っていきたい。

まとめ

いかがでしたか?

あきらめない力を身に着けるためには、言葉、動作、自己イメージの3つの道具を使うことが有効です。

めんどくさがらずに、実際にいい時と悪い時の違いを手書きで書いてみましょう。

そうすれば、自分を知るきっかけにもなって最高です。

おわり。

スポンサードリンク