我流・自己流の選手がエリート選手との差を縮める方法

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

おはようございます、我流卓球理論のSHUNです。

我流・自己流で卓球をやっている選手がある一定のレベルに到達すると、必ずと言っていいほど壁にぶつかることでしょう。

その時にこう悩むはずです

「これ以上強くなるのは、もしかしたら無理なんじゃないか?」

「あのむちゃくちゃ強いエリート達には全く手が届かないんじゃないか?」

と。

でも、本当にそうでしょうか?実際に戦って本当に全く歯が立たないのでしょうか?

我流卓球選手の僕は、そんなことは全くないと思っています。

今日はそんな話。

力の差があっても、点数はとれているはず

まず、ここに注目してみましょう。

結構な力の差があったとしても、ラブゲーム(0点)で取られることはあまりないと思います。

そうですね、目安としては1セットで偶然でも4点くらいはとれているんじゃないでしょうかね?これを仮説としてたてると、現時点では、

4-11

で負けているということになります。

結構点数がとれていると思うのは、僕だけでしょうか?

力の差があると言うことは、この4点は偶然の4点だと仮定していいでしょう。

偶然だとしても、4点は取れているのです。

じゃあ、残りの7点をどうやって取るのか?何が足りないのか?

と言う話になってくるわけです。

1:サーブを磨く

さっそくつまらない主張になってしまいますが(笑)

もちろんサーブを磨きます。

磨く前は、レシーブからの強打をされたりできついボールを送られてきますね。たまたまこちらのブロックがラッキーボールになったり、相手のミスという偶然でしか点数が取れませんでした。

しかし、サーブを磨くことによってもしかしたらサービスエースが1本くらい増えるかもしれません。

全くと言っていいほど攻撃の機会がなかったのが、3球目攻撃がしやすくなって、攻撃の機会が増えるかもしれません。

サービスエースとまでいかなくとも、攻撃の機会が増えることは間違いないでしょう。

こちらの積極的攻撃が増えると言うことで現状よりも+3点を見積もってみましょう。

これで

7-11

です。

さぁ、あと4点。。

2:レシーブを磨く

次に当然のことながら、レシーブを磨きます。

今までは、強い選手のサーブ、全く分かりませんでしたね。

ツッツキしてもチャンスボールを与えたり思い切りネットミスしたり。ロングーサーブに全く対応できなかったり。

これを、2本中1本でもいいので、しっかりとしたボールで返すようにするのです。

すると、今まではレシーブでほとんど点数を取れなかったのが、

しっかりとしたボールで返球できるので、相手のコートに返球される機会が増え、また1本くらいミスしてくれるかもしれません

レシーブのうち何球かは、攻撃的なボールを送れることで1本くらい点数になるかもしれません

よって、このレシーブの項目でも+2点です。

これで、

9-11

です。

この時点でも、結構せってますよ!

3:ミスを極限まで減らす

いやぁ・・・すいませんつまらなくて(笑)

最後にこれです。

我流・自己流でやってる人や、試合で勝てない人がエリートと圧倒的に違うところ・・・

それはご存じ

つまらんミスが多い

ことなんですよね。

チャンスボールを打ちミス!

サーブミス!

つなぎのボールミス!

これだけなくすだけで、残りの2点はほぼ約束されることでしょう^^;

これで

11-11のデュースです。

ね、全然戦えそうじゃないですか?どう思いますか??

僕は実際にこういうプラス思考で自分より強い選手と互角以上に戦う事もできました。。

まとめ

もちろん、現実的に見れば甘い見積もりかもしれません。

ただ、上記の3つは地味ですが、エリート選手と我流選手との1番大きな差だと思っています。

優先順位は、大きなラリーができるようになることではなく、上を徹底的に磨くことだと、痛感しています。

是非参考にして下さいね!

今日は以上。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。