卓球で威力のあるフォアドライブを打つ最も基本的な方法

l201106250200

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

こんばんは、我流卓球理論のSHUNです。

「ドライブのスピードが遅い、ドライブが簡単に返されてしまう・・・」

「威力のあるドライブを打ちたい!」

このように悩んでいませんか?

それならば、僕に任せて下さい。実はフォアドライブは僕が一番得意としている技術です。

卓球と言うスポーツにおいて、ドライブはまさに必須の技術であると言えます。ドライブは、前進回転がかかっていて安定感のある攻撃ボールです。だから、一般的な攻撃の手段としてほとんどの選手が使う技術になるでしょう。

この、ドライブ攻撃の威力が一定のレベルに達しているかどうかは、得点力を向上させる上で非常に重要な要素であることは間違いありません。

僕が考える威力のあるドライブとは「強い前進回転がかかっていてなおかつスピードがあるドライブ」ですね。こういったボールを出すことができれば、それだけで相手にプレッシャーをあたえられるでしょう。

ドライブの威力をあげるための手順は、以下の通りです

①「溜め」をつくる

②足の力を最大限に活かす

③スイングは「水平に」という意識を忘れない

この3つの手順を意識してやってみて下さい。

それでは解説編に行きましょう!

ドライブの威力を増す手順①「溜め」をつくる

まず、ドライブの威力を高めるためには「溜め」を作る必要がある。走り幅跳びで言う「助走」にあたる部分だ。

ドラゴンボールに登場する孫悟空も、かめはめはを打つ時に「溜め」ている。イメージはそれでいい。

要は、瞬間的にパワーを出したい時に絶対に共通して存在するのが「溜め」である。

卓球も同じで、この「溜め」を作ることで威力のあるドライブを打つことができる。

溜めを作る方法としては、腰をひねる、バックスイングをとる等色々あるが、実際フォームは十人十色なのでここではあまり触れない。

ただ、ドライブの威力が高い人に確実に共通していることは、利き手側の足に溜めをつくった後、体重移動をする時にパワーを放つと言うことだ。

右利きであれば、いったん右足に溜めを作ってから、打つ瞬間に左足に体重移動をする。一方左利きであれば、いったん左足に溜めを作ってから打つ瞬間に右足に体重移動をする。

つまり、溜めを作ると体全体の体重移動がしっかりとできるから、威力のあるボールを出すことができる。

溜めを作るためには、常日頃から戻りを早くする意識を持つことが非常に大事だ。

ドライブの威力を増す手順②足の力を最大限に活かす

実は、ドライブの威力を上げる上で一番重要なのが下半身である。

上記の【ドライブの威力を増す方法①】では、溜めをつくる必要があることをお伝えしたが、この溜めを作る必要があるのは下半身の力を最大限に活かせるようにするためである。

利き手側の足に溜めをつくるわけだが、その溜めこんだ足の力をボールに伝えるイメージだ。

この下半身を上手く使うことができる感覚を養えば、どんどんボールに威力がでてくる。

球が遅い、または威力のない選手は足の力がまったくボールに乗っていない。ラケットを振り回す力しか伝わっていないのである。

この足の力を伝える感覚は、多球練習でしっかりと身に付けるべきである。このような基礎技術を覚えるための練習は、多球練習が一番良い。

ドライブの威力を増す手順③スイングは「水平に」を意識する

ドライブにスピードがない人に共通しているのは、極端に下から上にスイングしてしまっていることがある。

もちろん、3球目にループドライブを打つ時は、この打ち方でも問題ない。

だが、ドライブのスピードを出すためには、水平にスイングする意識を忘れてはいけない。

スピードが出ないと悩んでいるのは、多くの場合、力の伝わり方が原因だ。しっかりと正しい方向に力が加わっていれば、スピードにのったドライブが打てるのである。

まとめ

いかがでしょうか?ドライブの威力を高めるための手順をまとめると

①しっかりと溜めをつくり、②足の爆発力をつかい③ラケットを水平に振りぬく

この3つを意識して、ドライブ練習に取り組んでみましょう。

>>次は、卓球を上達するための手順について

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。