卓球で誰でも簡単に短いサーブを習得できるたった2つの手順

omotesofuto

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

こんにちは、我流卓球選手のSHUNです。

本日は、短いサーブを出せなくて悩んでいる選手に向けて、誰でも簡単に短いサーブをできる2つの手順を紹介したいと思います。

短いサーブを習得する事ができれば、自分のサーブの出せる範囲がとても広がります。結果として、自分の攻めのパターンを増やすきっかけとなります。

その、短いサーブを打つための手順ですが、

①サーブの第一バウンドをネット際に落とす

②サーブ時の打球点はネットの高さで打球する

の2つです。

この2つの手順を踏むことで、誰でも簡単に短いサーブを習得する事が出来るはずです。

それでは、解説編に行きましょう!

①サーブの第一バウンドをネット際に落とす

これは、短いサーブを出すときの最要事項だ。

あなたはサーブを出す時に、ルール上自分側のコートで一度バウンドをさせるはずだ。

その第一バウンドを、なるべくネット際を狙ってバウンドさせよう。

なぜなら、短いサーブの時は球の勢いを小さくして出すからだ。

もし、自分に近い位置でバウンドさせてしまったら、ネットをこえるのに勢いが必要になってしまう。勢いをつけすぎると、結果として長くなる。

ネット際に第一バウンドをさせることで、勢いが少なくても、安定して相手のコートに向かってくれる。

そして勢いが小さいから、結果として相手のコートで2バウンドしてくれるのだ。

ちなみに、横回転サーブだとしてもこの技術は使えるから、短い横回転サーブをだしたいときにも、ネット際を狙ってサーブを出そう。

②サーブ時の打球点はネットの高さで打球する

次にこれだ。

実際は①の手順だけで短いサーブ出せる。

しかし、①の手順だけだと高さの安定感が出ない。

高さを安定させることにより、短くて低いサーブを出すことができる。

高さを安定させるためには、常に打球点を同じにする必要があります。

だいたい目安になるが、ネットの高さと同じくらいの高さを意識して出してみてほしい。

打球点が高すぎてしまうと、高いサーブになってしまい、そのまま強打されてしまう。打球点の高さの調節をしっかりと意識しよう。

練習時のポイントとまとめ

最後に、練習時に気をつけるべきポイントだ。

とにかくまずはしっかりと力を抜いて、相手コートで2バウンドするように出すことだけを考えてよう。

あんまり回転の事とかは気にしないようにした方がよい。

そして、確実に短く出せるようになってきたら、次は高さ、その次は回転と言うように、順序立ててやっていこう。

我流卓球選手の僕がテーマを決めずに卓球の練習をやった結果という記事にも書いたが、一気に色々なことを意識しすぎると、できない時に何が悪いのか課題が見えてこない。

人間はそこまで器用にはできていない。

サーブをしっかり磨いておくことで、自分の有利な展開に持ち込めるので、さぼらずに練習しておこう。 

>>次は、3球目攻撃につなげやすくする、サーブの配球を考えてみよう!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。