卓球のトップ選手を参考にする際に、必ず気をつけるべき3つの視点とは?

img_1151.jpg

スポンサードリンク

我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!質問などもどうぞ↓

友だち追加

こんにちは、我流卓球理論のSHUNです。

最近、トップ選手の動画を見るのが好きになってきました。

やっぱり、参考になるんですよね。

あと、トップ選手の技術を参考にしようと思ってる人はいませんか?

僕は最近結構参考にしてます。

その中で気づいたのは、参考にするためのコツがあるということ。

今日は、「トップ選手を参考にするときに意識したい、3つのポイント」をお伝えしようと思います。

これを読めば、トップ選手を参考にするコツを知れて、効率よく上達することが出来るはずです。

それでは解説モードへ。

効率よく上達するためにはトップ選手を参考にするコツを覚えよう

さて、世の中の多くの卓球人がトップ選手を参考にしようと考えているだろう。

やはり、トップ選手というのはその世界のトップなわけだから、正確な模範解答になりえる。

実際に、トップ選手を参考にして練習をすると新しい発見がどんどん見つかるし、上達の具合も目に見えてわかりやすい。

しかしながら、漠然と形だけ真似をしても効果は半減するのも事実だ。

モノマネが上手な選手は、姿かたちをまねるのが上手だから上達しやすいが、

スイングやフォーム、ラケット角度以外でこれからお伝えする3つの視点を意識してみよう。

そうすることで、効率よく卓球の技術を習得することができる。

トップ選手の技術を参考にするコツ1.打球点を真似してみよう

トップ選手の技術を参考にするうえで、打球点を真似することは非常に重要である。

なぜなら、打球点が変わると、その技術そのものが変わるといっても過言ではないくらいに球質に影響が出るからだ。

実際に、そもそも打球点が違うと安定感がなくなる技術も中にはある。

もちろん、すべてがその打球点で打たなければならないわけではない。どうしても打球点が変わってしまう場面もある。

だからといって、見当違いな打球点でとらえていては、次第に上達の実感が得られなくなってしまう。

卓球レポートや卓球王国といった書籍にトップ選手のコメントで打球点について書かれていれば要チェックだ。
SHUN
打球点を真似すれば、球質や安定感などが増すのは間違いありませんね。

トップ選手の技術を参考にするコツ2.打球感覚を真似してみよう

次に、トップ選手の技術を参考する際は、打球感覚をまねてみることをオススメしている。

打球感覚をまねるとはどういうことか?技術によって打球の感覚はいろいろあるのだが、

例えば「薄く当てる」「厚く当てる」「回転をかけるように」「強く弾く」「ボールの上をこするように」

といった具合に、打球感覚について触れられている場合がある。

この打球感覚というのは選手によって違いがあるため、様々な選手のコメントを読みながら自分に合った感覚を探すほうがいいだろう。

このようにトップ選手のコメントを読んだ後に打球感覚を磨いていくと、「この感覚を磨いていけば間違いない」というある種の安心感を覚えることもできる。

つまり、迷いなく練習に取り組むことができるし、選手自身が打球感覚を意識するようになるから結果として上達も早くなるのだ。

卓球は感覚も重要だから、トップ選手を見ても、目では見えない打球感覚というものを意識することで上達しやすくなる。

トップ選手の技術を参考にするコツ3.スイング感覚を真似してみよう

最後の3つ目は、スイング感覚についてだ。

注意したいのは、目に見えるスイングではなく、「スイング」の「感覚」であるという点だ。

ここで一つ、筆者が上回転に対するバックハンドドライブの練習をした時に参考にさせていただいた、

加藤美優選手(日本ペイント)のスイング感覚をご紹介させていただく(以下卓球レポートより引用)。

バックスイングでは、結果的に手首をひねりますが、私は「手首を自分からひねらない」ことを心がけています。(中略)

ラケットを自分の方へ引けば手首は自然にひねられるので、自分から意識的に手首をひねることはしていません。

いかがだろうか?

注目なのは、見るからに手首をひねっているのに、自分から意識的に手首をひねっているわけではないということだ。

このように、外から見てそう見えても、選手のスイング感覚は全く違う場合がある。

筆者は、この加藤美優選手のコメントを読んで、一気に上回転に対するバックハンドドライブのコツをつかんだ。

スイング感覚というのは、触れられていない場合も多いのだが、もし触れられていたら是非参考にしていただきたい。

SHUN
ちなみに僕は、打球点、打球感覚、スイング感覚のそれぞれを、3人違うトップ選手から学びました。
ポイントは自分の感覚にあったコメントを参考にすることだから、様々な選手のコメントを読んでみよう。

まとめ

いかがでしたか?

トップ選手の真似をするというと、いかにも姿かたちだけにとらわれてしまいますが、

今回紹介した打球点と2つの「目には見えない部分」を取り入れることで、さらに上達が見込めるようになります。

あなたも、目には見えない部分を真似して、ライバルに差をつけてみませんか?

今日はおわり!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。