【インプットVSアウトプット】今の時代に意識しておきたい、「物事の学び方」

スポンサードリンク

フォローしてもらえると、我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!役に立つツイートも!

こんにちは、SHUNです。

突然ですが、あなたは自分の趣味や仕事のことについて勉強していますか?

おそらく、多くの人はしていると思います。

仕事や趣味は自分の興味のある分野であるため、当然それについて調べたり熱心に勉強している人は多いでしょう。

しかし、その学んだ内容を実際にアウトプットしてる人はどのくらいいるのでしょうか?

意外と、学んだだけで満足してしまって行動に移せないなんて人も多い気がします。

今はインプット過多だと思う

私は今の時代はインプット過多だと思います。インプットする機会が多すぎる。

実際に、YouTubeやウェブの情報が溢れ、たくさんの学びを得る機会が増えました。便利ですよね。

しかし、それを取捨選択しなければならなかったり、どれが正しいのか?を見極められなかったりと、便利な反面、逆に情報に踊らされてしまうようことも増えました。

実際に、「手軽にインプットしてそれで満足してしまう」や、「何をすればいいのか迷って何も得られない」といった現象を感じたことがある人はいるはずです。

インプット過多を上手に活かそう

しかし、それにはいい面もあります。

インプットする機会が多いというのは、それだけ道しるべを与えてもらえる機会が増えるということです。

つまり、自分次第ではアウトプットの機会を増やすことだってできる。

インプットしたことを、とりあえずやってみる。これが一番大切だということです。

大切なのは知識量ではありません。知識と行動のバランスです。

インプット量が100あってもアウトプットが0なら成長は0です。

インプット量が1でも、アウトプット量も1なら、前者よりずっと成長します。

私は、卓球が好きで良く本を読みますが、インプットしたことを、すぐにアウトプットが大切だと感じています。

本で学んだことをたった一つだけ実践する。ただこれだけで、とても意味のある練習になって気づきが多くなると実感します。

本を10冊読んでアウトプット0になってるかもしれない人は、気をつけてくださいね。

まとめ:アウトプットは、意識しないとできない

人間は怠惰な生き物だといいます。

意識しないとカンタンにラクな方に流されます。

今の時代は、インプットは簡単にできます。検索すれば直ぐに答えが出てくる。ある意味頭を使わなくてもインプットはできます。

そう、サルでもインプットできるんですよね。(笑)

今の時代は簡単にインプットできる分サルを量産する時代です。

しかしながら、アウトプットはインプットよりも労力を要します。頭を使ったり身体を使ったりしなければなりません。

YouTubeなどがあって、みんな平等になった気持ちになっているのかもしれませんが、そうではありません。

アウトプットできる人とそうでない人の格差がより顕著になったということだと私は確信しています。

まずは、動画や本で学んだことを何か一つ意識的にアウトプットしてみましょう。

メンタルを強くしたい人にオススメの本!

メンタルが弱くて悩んでいませんか!? そんな人にこの本をオススメしています。 卓球と心理学、どちらにも精通した人の本なので、とても参考になります。 レビューを書きましたので読んでみてください。

レビューを見る

スポンサードリンク