【卓球ラケットレビュー】フォルティウスFTverDの試打レビューや合うラバーは?

スポンサードリンク

フォローしてもらえると、我流卓球チャンネル(youtube)や、ブログの更新情報がラクラク受け取れます!役に立つツイートも!

こんにちは、SHUNです。

今日は僕が使っているフォルティウスFTverD(バージョンD)のレビューをしたいと思います。

スピード、回転、打球感、どれをとっても素晴らしいラケットです。

安定感とスピード、さらに柔らかい打球感が欲しい人にはすごくお勧めです。

今回は、フォルティウスFTverDに合うラバーなどもご紹介したいと思います。

それではレビューしていきましょう!

使おうと思ったきっかけ

打球の威力と、木材のような柔らかい打球感を両立させたラケットが欲しかったことがきっかけだ。

もともとはインナーフォースレイヤーALC.Sを使っていた。

インナーフォースレイヤーALCの板厚をかなり薄くしたものでとても回転がかけやすく使いやすかったのだが、若干パワーが足りなかったのとほんのりカチッと感じる特殊素材感が気になり始めた(それでもほぼ木材に近かったのだが)

インナーフォースレイヤーZLCや同ALCなども試したが、パワーを増すことはできても結局特殊素材感が強く出てしまってボールを掴む感覚がたりなく、いざと言う時にミスが多くなってしまった。

そこで、木材の打球感と操作性に特殊素材の威力を合わせ持つとされるフォルティウスFTverDを手に取ったのだ。

結果的にこれは成功だった。

インナーフォースレイヤーALC.Sよりも威力が増し、さらに木材寄りの打球感になった。

打球感はまさに木材ラケット

インナーラケットとは比べ物にならないほど木材な感じ。ボールの威力を吸収するような打球感だ。

しかし、強く打った時の弾みや威力はインナーと同じくらいある。

まさに、柔と剛を併せ持つラケットだ。

ブロックがよく止まる

板厚が6.4ミリで、それなりの厚さがあるから相手の打球に押し負けない。

また、相手の威力を吸収できる打球感覚があり、軽打時に木材の能力が顔を出す。

さらに、スイートスポットが広くある程度ラケットのどの部分に当たってもいいブロックができる。

伸ばすブロックもやりやすく、ブロック系の技術は本当にやりやすい。

ブロックのやりやすさが筆者がこのラケットを使う1番の理由になっている。

中陣からでもパワーのあるボールが打てる

ただし、ボールのえぐみでいうとノーマルフォルティウスFTの方がある。

ノーマルFTは、中陣から打つとうねるような球質で飛んでいき、ボールのえぐみがでる。

逆に、バージョンDは弾みはあるのだが球質が安定しやすい。

だから、一撃必殺も打てるのだが安定したボールを連打することができる。

特殊素材が入って、安定しなくなると思いきや、真逆の感想であった。

おそらく、スイートスポットの広さも関係していそうだ。

ストップなど台上もやりやすい

ストップも非常に止めやすく、軽く打った時は、本当に木材のような性能になる。

ツッツキやチキータも回転をかけやすいから、感触が良い。

フリックに関しても力加減を調節して安定させることができる。

ただ、グリップがやや太めだから今細いグリップを使ってる人は台上やりにくいという人もいるかもしれない。

少しだけ太めのグリップ。多少太くても大丈夫なひとなら問題ない。

ループドライブも、しっかり回転がかかる

勝手に飛んでいく感じがなく、ラケットにしっかりと吸い付いてループドライブもかなり回転がかかる。

本番でも、しっかりと安定したループドライブを打つことができる。

インナーフォースレイヤーZLCALCだと掴む感覚が足りなかったため、好印象。

本番でも信頼できる性能。

フォルティウスFTverDに合うラバー

テナジー、ロゼナ、ディグニクスなどスプリングスポンジ系のラバーはとにかく相性がいいように思う。

掴む打球感覚で、しかもボールを飛ばせる万能の組み合わせだ。

ちなみに20203月現在の筆者の組み合わせは、フォアにテナジー05、バックにディグニクス64だ。

バックでもっと万人受けするものだとテナジー05FXがオススメだろう。

ちなみに、粘着や表ソフトのラバーとも相性がかなりいい。

インナーフォース系に粘着を貼っている人などは、かなりお勧めだ。

まとめ

フォルティウスFTverDは、なんでもできる超オールラウンド型のラケットです。

ちょっと重いことと、グリップが太めというところで気になる人もいるかもしれません。

威力と安定感、さらに扱いやすさを兼ね備えたフォルティウスFTverDを、あなたも是非使ってみてください。

きっとその性能の虜になるはず。

SHUN
おわり

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

SHUN

北海道出身の26歳。 東京の卓球教室で先生やってます。 恵まれない環境のなか我流でプレーする。中学高校時代は全道大会(いわゆる県大会)2回戦負けの全くの無名選手。 強豪校でのプレー経験がないため、もっと上のレベルでの卓球を体感したいと思い、ついに仕事を辞めて上京。 将来を担う子供たちや、卓球教室での個人レッスンを請け負うかたわらで、「一般層の卓球プレーヤーは、どうしたら勝てるようになるのか?」ということをテーマに我流卓球理論で活動中。